2011年3月19日 (土)

年齢売買商会 田町支店

1991年、東京クリエイティブクラブ発行のアンソロジー「TOKYO RAIN」(自費出版)に収録
山手線の各駅を舞台に、6名が数駅ずつ分担して物語を書いたのである。
20年前、素人が出した同人誌的アンソロジーだったが、その頃かいていた六人のうち、四人が何らかの形で商業出版をするまでになっている。今思うと、なかなかレベルが高かったのかもしれない。

五編書いた内の一編である。一部分加筆訂正をしている。

pdf版はこちら 「年齢売買商会田町支店.pdf」をダウンロード

------------------------------------------------------------
 年齢売買商会 田町支店
------------------------------------------------------------

 「まったく露骨なもんだな」
 R氏は傘を傾け、その看板を見上げながら溜息をつくように言ったものだ。
 彼はそのまま向かい側の喫茶店に入っていった。まだ、人影も疎ら時間だった。
 R氏が座った席からは、「露骨」といった「年齢商会」の入っているビルの正面が見えた。
 十階建てのそのビルには他に「メイナム商事(株)」と「(株)伊藤佐藤工務」が入っているが、三階より上は全て「年齢売買商会」のものだった。だからそこに出入りする人はほとんど「年齢売買商会」の会社員か、その客ということになる。さらに「メイナム」の社員は、必ず(といっていいほど)真っ青な会社の封筒を小脇に抱えているし、「伊藤佐藤工務」の社員は、作業服と背広を足して三で割ったような制服を着て出社してくるので、「年齢売買商会」の社員や客を見分けるのはたやすいことだった。
 R氏は腰を下ろすと同時に出てきたモーニングセットをほおばり、口許についたパン屑を時々払いながら、ぼんやりとそのビルを眺めていた。
 R氏は、何もその「商会」を見張っているわけではなかった。雨の向こうに見えるビルの看板と、そこに出入りする人の群れをただ見ているだけだった。
 R氏が「商会」にやってきたのは、三ヶ月も前のことだ。この支店のことが雑誌で取り上げられていたので、どんなものかと思ってきたのだった。
 その日は同じように思ってきた人達が、警察官が交通整理をするほどビルの前に集まっていた。
 年齢を売り買いするという途方もないことが本当にできるのか、それを信じることができるのか、R氏は懐疑的だった。
 ビルの前の群衆は、「商会」の社員によって手際よく集められ、順番にビルの中の会議室で説明を受けることになった。
 R氏は他の数十人と一緒に、少し大きめの会議室に入れられた。R氏と同じくらいの年齢人もいれば、売るほどの年もないような子供までいた。彼らは概ね真面目にその説明を受けていた。
社員は大げさでも、難解な用語を使うこともなく、実に淡々と事務的に年齢売買のシステムを説明していった。
 その場で、さっそく売買の申し込みがなされ、売りに出された歳は、計千五百歳にもなったという。しかし、買い注文はわずか百歳分にも満たなかったという。
 売りに出された年齢は、一年間「商会」で預かる。いったん売ったものの、やはりと思い直した時のためだ。買った歳も同じに、一年以内なら売り戻せる。
 歳を売ったものは、売った年齢分若返り、買ったものはその年齢分の経験が増す。もちろん、売買される年齢は精神的なものだけではなく、肉体的年齢も伴う。肉体だけの別売り、別買いはなしである。
 年齢を売った者は、その年齢分の記憶も失う。買った者は、誰とはわからない記憶を背負うことになる。
 だから、「売り」は多くても、「買い」は当然少ない。しかし、「商会」は不思議なことに成り立っていた。
 R氏はその日から、毎日「商会」の向かいの喫茶店で、朝から夕方まで十杯以上のコーヒーと水を頼み、ただただ出入りする人たちを見つめるようになった。

 流れるように行き交う人の群れを見ながら、R氏は思うのだった。思い返せば何もない三十年だった、と。
 長年勤めた会社も、結局課長で終わった。大きな成功もなければ失敗もない。可もなく不可もなく過ごした。そして残ったものは何もなかった。家庭生活もそうだ。見合いで結婚した妻は美人でもひどく醜くもなかった。淡々とした日常があっただけだった。そして、子どもも残さずに、五年前に他界してしまった。何もなかった人生だ。そう思うととても辛かった。

 夕暮れが迫り、降り止まぬ雨の中人々の足が速まりはじめた頃、R氏は喫茶店を出て、「商会」のビルの中に入っていった。
 受付で名前と要件を告げる。係員が「売り方」と書かれた部屋に案内してくれた。
 部屋の中には、白衣を着た若い男がコンピューターのディスプレイを見ていた。R氏がその男の前の椅子に腰を下ろすと、男はにこやかな笑みを浮かべながら振り返った。
「お久しぶりですね。いかがですか」 男はにこやかな顔のまま言ったものだ。
「何もなかったじゃないですか」 R氏は少しムッとしてにこやかな顔に向かって言った。
「そんなものですよ。
 今日はこの間、買われた三十歳分の売り戻しですね。預かり期間はなしでいいですね。
 新たに買いますか三十年ほど」
「いや、次に来るのは、三十年後にしておくよ」
 と、R氏は少し笑いながら言ったものだ。

2011年3月18日 (金)

冥き街 星も鮮やか 春の月

冥き街 星も鮮やか 春の月

 夜の銀座が、とても暗かった。
 見上げると 上弦の月が見える。
 星の瞬きも見えるようだ。

 街並みが、弔っているような。

 二十数年前の、大喪の礼の時もそうだった。
 あの時、渋谷のハチ公前のスクランブル交差点が、ほとんど真っ暗で、とても怖かったのを思い出す。
 街灯だけの東京の街は、なんと暗さに沈んでいた。

2011年2月25日 (金)

猫と猫 陽を背まどろむ 春淡し

猫と猫 陽を背まどろむ 春淡し

Images

 暖かった今日、日差しの柔らかさ、風のぬくもりを
 猫にたくしてみた。

春淡し 背に陽まどろむ 猫二匹

猫と猫 陽に背を向けて 春淡し


桜降り 別れて出会い 道を往く

Images_1

 春は嬉しい。とくに今年は寒い冬を越えたので、喜びもひとしお
 しかし、春は別れの季節でもある。
 息子のクラスは、同じ学校に進級する子はほんの一握り、みんなバラバラになる。
 娘も同じ学校にいく子は一握り、あとはバラバラだ。

 過日、友人たちを酒を酌み交わしながら、それぞれのことを話したときも、
 それぞれの道を進んでいるのだ。
 今は、酒を酌み交わす仲なれど、いつしか恋をして家族を作り、もしかすると仕事が変わり、あるいは家族を新しくするのかもしれない、この地を離れていくのかもしれない、となるといつまでも同じではないのだな。としみじみしてしまったのだ。

 YouTubeで懐かしの曲を聞いたとき、そこに書き込まれたコメント、「高校時代を思い出します。今はブラジルでこの曲を聴いています」というのがあった。
 日本で高校時代を過ごし、30年を経て、ブラジルに住むまで、どんな物語があったのだろう。

 数年前、新幹線の仲で聞いた南こうせつの音楽番組で、南こうせつがアメリカでコンサートを開いたときのことを語っていたのを思い出す。「わたしが歌いながら、コンサートに来ているおじさん、おばさんたち、それまでにいろんなことがあったんだろうなあ、と思ったのですよ」とね。

 子どもたちはこれからどんな物語を作るのだろう。若い友人たちの未来には、どんな物語があるのだろう
 ふと、そんなことを 春の宵に思い馳せたのである。

 泡沫の 出会いと別れ 春淡し

2011年2月 3日 (木)

露天風呂 頭寒足熱 雪景色 ――ハイジンへの道―― 付都々逸

 う~ん、寒い中、ビジネスホテルの露天風呂に入って、
 浮かんだのだが、これはまだまだ
 四文字熟語みたいなものだ。

 まだまだ遠い。

 そういえば、都々逸も楽しそう

可哀そうだよズボンのおなら 右と左に泣きわかれ

とか

おろすわさびと恋路の意見 きけばきくほど涙出る

なんて、粋な都々逸ひねりたい。

http://www2.nsknet.or.jp/~mshr/asobi/dodo1.htm

2011年1月25日 (火)

淡雪の 儚きように 手を重ね  ハイジンへの道

淡雪の 儚きように 手を重ね

 繋いだとはいえない、重ねただけの手と手、握り返されることないことの酷薄さ
 繋ごうとした手の幼さ、小さいことを重ね合わせて詠んでみたかった。

 ビートルズの「抱きしめたい――I Want To Hold Your Hand」の感じかな。
(手を握りたい! をなぜ、「抱きしめたい」と訳してしまったのかな?)

 そして、子供と手をつなぐと感じる、この幼き手、を織り交ぜたかったのだが、欲をかいてはいけないのだな。
 
 つないだ手の 弱い返しは 心許なし (字余りばかり、自由律俳句か!)
 冷たい手を 握り返され 心許なし
 寒月に 手を握り 返されず
 淡雪の 強さを持って 手を握る

 情景と心象をどうすればいいのか

 道のりはまだまだ。
 投句をしてみようかな。

2011年1月23日 (日)

手をのべて とどかぬ先の 凍り月 ~ハイジンへの道~

手をさしのべてみたとき、その先にあると思ったものは、思いの外遠くにあった。
あると思っていたものが、遠くにいってしまった。

その彼我の隔たりに、呆然とし
隔たりを埋められぬことを諦観し、思ひ断つ
凍り月は怜悧な佼人か


冬の夜、月あかりの中、歩いていた
二人の影が重ならないこと、重ねられないことを描きたくなった。

片月の 光淡き 夜の街
片月の 光淋し 夜の街

これでは、冬の月あかりの下、が描ききれない。
重ならない影、彼我の距離が込められないだろうか?

片月の 影が薄いは 二人かな

何だかわからない。影はあるけど、季語の片鱗もないし。

冬月の 光は薄い 二人影

冬の夜、歩く二人はわかるけど、二人の間にある 渡れない河が、彼我の距離が
うまく表せない。

そして、

手をのべて とどかぬ先の 冬の月

冬の月ではあまりに直裁だし、そりゃあ 月には手が届かないさ と陰翳もない。
月にあるものを重ね合わせたい
歳時記をめくって ちょっと考えたのが

手をのべて とどかぬ先の 凍り月

う~ん、まだまだ ハイジンへの道は遠い。