2019.11.21

【東京】12月07日(土)はじめての雑談力体験セミナー――初対面の方とも気楽に話せるコツ

1



雑談力のセミナーを受けた方の感想です。
雑談力、会話力、傾聴力をスキルアップするなら、今年のうちに!
http://ptix.at/lFaIJt

----------------------------------------------------------------
すごく勉強になりました。
参加する前は、「実践とか嫌だな……」と思っていたのですが、実際は実践することで、感覚がよくわかりやすく、自分の欠点もわかりやすかったです。
西部先生も優しく、分かりやすく教えて下さったので、楽しく勉強できました。
ありがとうございました

(会社員・女性)
------------------------------------------------------------

話すことに苦手を感じていましたが、改めるべきは聞き方だったかなと思いました。
はじめましての人とも楽しく会話することができました。
そういえば、で成立できる体験ができてよかったです。
楽しかったです。ありがとうございました。

(会社員・女性)
------------------------------------------------------------

はじめはとても緊張しましたが、帰る頃にはリラックスできていて、驚きました。
自分から話しはじめるのがとても苦手でしたが、「そういえば」や目に入ったものを話題にすれば話しやすくなりそうだと感じました。
本日は、勉強の場をありがとうございました。

(会社員・女性)
------------------------------------------------------------

本日はありがとうございました。
実際に雑談をしながら進められたので、実感しながらお話を聞くことができました。
楽しかったです。

(会社員・女性)
------------------------------------------------------------

▼こんな方にお奨めです

 雑談が出来ない
 はじめての人を前にすると気後れして話せない
 人間関係をよくしていきたい
 人とうまく会話が出来ない

▼内容
「雑談」のコツを掴んで、楽しく雑談できるようになります。

■雑談って何?
雑談とは
 雑談の効用

■雑談できない症候群
・いつ話せばいいのか
・何を話せばいいのか
・話題についていけない

■雑談のコツ
切っ掛けは――
話を広げる、ちょっとした言葉のコツ
思わず話を聞きたくなる応え方のコツ
知らずに話をしてしまう質問のコツ
つい話し込んでしまう聴き方のコツ

■話題はどうする
○○はネタの宝庫
話のネタ作り 基本編 応用編

●雑談をしてみよう
はじめてあった人と雑談をしてみよう

Photo_2


●定員:18名(定員になりしだい、締め切りになります)

●費用:4,500円(税込)

●申込:http://ptix.at/lFaIJt ←申込ページジャンプします

●講師

西部直樹 (全国教室ディベート連盟理事・日本ディベート協会会員)

1958年北海道生まれ。
広告制作会社、作家個人事務所を経て、研修教育関連会社に入社。
ディベート講師として、年間50回以上の研修を担当する。
94年に独立。
ディベート・プレゼンテーションなどのロジカルコミュニケーションスキル関連の研修と、
産業カウンセラーとして、メンタルヘルス関連の研修講師を務める。
論理と感情の両面に通じた研修事業を展開。
企業・公務員の研修講師を数多くつとめる
また、学校教育にも積極的に関わっている。
一昨年より朝活「コミュニケーション「力」UPカフェ会」を開催。
コミュニケーションに関する「雑談」をしています。
(有)N&Sラーニング代表取締役
全国教室ディベート連盟常任理事
産業カウン セラー
論理療法士
東京大学非常勤講師
お茶の水女子大学非常勤講師
金城学院大学非常勤講師
山形大学非常勤講師
東京都立つばさ総合高等学校非常勤講師
著書
「はじめてのディベート」
「ディベート入門講座」
「議論力が身につく技術」
「 実践ディベート研修」
「論理的な話し方が面白いほどできる本」 ・・・他


―― コミュニケーションスキル研修の企画・運営・講師派遣 N&Sラーニング ――
研修・セミナー・講座などのご依頼、お問い合わせ
http://www.nands.net/contents/kyoutuu/toiawase/mail/top.shtml

| | コメント (0)

2019.11.17

11月23日(土) ブックトークオフ 居酒屋で本のことはなそう読書会

11月23日(土) ブックトークオフ 居酒屋で本のことはなそう読書会

公開 · 主催者: ブックトークオフ/本を語る読書会

https://www.facebook.com/events/2184739655161338/

65908196_2707200496014313_17948977052233

文芸書中心の読書会です。

小説や詩歌、エッセイが好きが集います。

晩秋というか初冬というか、ちょっと鍋など囲みたくなる季節です。

長い夜に、ゆったりと本のこと話しませんか?

少し大人な読書会です。

久しぶりの方、初めての方、いつもの方、大歓迎です。

----------------------------------------------------------------

時:2019年11月23日(土) 19時~

所:有楽町界隈の居酒屋さんで

  参加者が確定した時点で予約を取ります。

  参加の方には詳細をご連絡します。

費:飲食代の割り勘 およそ4000円くらい

持:紹介したい本を一冊お持ち下さい。

  本は紙の本を。

  電子書籍は、回覧がしづらいので、ごめんなさい

※:文芸書(小説・エッセイ・詩歌)を紹介します。

  ビジネス書・自己啓発書・ノウハウ本・スピリチュアル系の本は、

  ご遠慮下さい。

参:若干名 開催一週間前に締切(予定)ます。

  集まった人数で開催。

  最少催行 4名(主催含む)

66207952_2707200502680979_29076370892416

----------------------------------------------------------------

オフ会の流れ

・お店に集合

・乾杯

・自己紹介

・歓談

・本の紹介

・歓談

・終了

----------------------------------------------------------------

※ ブックトークオフでは、オフ会の後にオフ会レポートをアップしています。

  参考:http://nands.way-nifty.com/booktalko…/cat21860661/index.html

  参加の方には、紹介した書名と簡単な感想を書いて頂きます。

  ご了解下さい。

■申込■

下記URL からお申し込み下さい

http://ptix.at/jBvHo5

| | コメント (0)

2019.10.07

10月13日(日)【東京】プレゼンテーションスキルを鍛える読書会――Input&output 読んだ本を的確にプレゼンテーション 読書習慣とプレゼンテーション練習


Photo_20191006183701

読んだ本のことを話したい
でも、うまく話ができない
話したら、何を言いたいのかわからなくなった。
話しが長いとか分かりづらいとかいわれてしまった。

あるいは
プレゼンの練習がしたい
スキルアップの場がほしい

という方のために、
読書会+プレゼンテーション練習
の体験の場を設けました。

本の紹介をして、プレゼンテーションスキルと雑談力に磨きをかけます。

読書会であり、スキルアップの練習会でもあります。
一度に二度、美味しいのです。

読書会では、本の紹介をします。
好きな本、読んで貰いたい本を紹介して下さい。

ただし、文芸書に限ります。文芸書、小説やエッセイ、詩歌です。
朝活なら、ビジネス書とか自己啓発書がいいのでは、と思われるかもしれません。
しかし、プレゼンテーションの練習には、文芸書、できれば小説、純文学などが最適です。

なぜなら、プレゼンテーションに必要とする要素を満たしやすいのです。
要素は、事前の準備段階、実施に必要なスキル、その後のスキルがあります。

準備段階では、
誰に対して行うのか、
何を目的とするのか、
どこまでを目標とするのか、
どのようにプレゼンのストーリーを組み立てるのか、
があります。

朝活に来る、そして小説を読んでいる人に向かって、話をするのです。

その本を読んでみたいな、と思って貰う、説得し、納得させなくてはなりません。

その場では、少なくとも興味を持って貰いたいという目標ができます。

どのように説明をするのか、内容を的確に要約しなくてはなりません。
小説なので、落ちをいってはいけないのです。

などなど、休日に、練習にはぴったりです。
好きな本を一冊もって、おいでください。

こんな方を対象としています

本が好き
プレゼンテーションスキルに磨きをかけたい
説明するだけでなく、雑談力も磨きをかけたい
より、多くの本を読んでみたい

131009_topics_service01

東京 日時: 10時~11時30分

場所:タリーズコーヒー 八重洲地下街店

150x150_square_64419897

Map

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪 日時: 10時~11時30分

場所:天満橋 エル・おおさか 会議室

Photo_13

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡 日時: 10時30分~12時

場所:アクロス福岡 会議室
   ●地下鉄空港線 天神駅16番出口すぐ

Map

 

 

 

 

 

 

 

 


----------------------------------------------------------------

プレゼン読書会の流れ

・自己紹介

・ワンポイントセミナー 「本を紹介しよう――1分間プレゼンテーション」

・1分間プレゼンテーション体験

・フリーディスカッション

 本を一冊お持ち下さい。

 これは面白い、素晴らしい、是非読んでみて下さい。という本をお持ち下さい。
文学・文芸に限ります。
※自己啓発系・ノウハウ本・スピリチュアル系・ビジネス系の書籍は、お断りします。

----------------------------------------------------------------

費用:1000円+各自の飲食代

参加人数:6名まで(主催を含む)

東京 日時: 10時~11時30分

大阪 日時: 10時~11時30分

福岡 日時: 10時30分~12時

・前日には、リマインド(備考)メールをお送りいたします。

 

| | コメント (0)

2019.10.05

プランBでいくしかない

まさか! 思わぬことが……

プレゼンテーション研修では、準備の時「最悪の事態」を想定するように、と説明している。
最悪の事態とは、資料を忘れる、パソコンが壊れる、停電になる、交通機関が動かなくなる、などなど。もしものことがあっても、対処できるように用意をしておくようにと説明している。用意が無いと、無用に混乱したり慌てたり、適切なプレゼンテーションができないからだ。

対処法を用意しておこうと思っても、予想外のことも起こる。
しかし、対処法の基本を覚えておくと、それほど慌てずにすむ。
プランBを考えておくこと、そして、プランBの立て方を身に付けることのが重要なのだ。

で、今日もいささか驚くことがあった。
今月末、大阪に出張があるので、さまざまに確認をしていた。ホテルはいつも泊まるところなのだが、予約したサイトで確認しようにも、どうにも確認できない。ホテルに電話すると予約されていないという、どういうことだ?
予約サイトをよくよく確認すると、どうやらそのサイト潰れてしまっている。サイトにはこう書かれていた。「潰れてごめん、予約は自分でなんとかしてね」(超訳)と。オイオイ!

プレゼンテーションやディベートの研修では、準備すること、確認することが重要と説いている。プレゼンテーションストーリーが出来上がったら、ディベートの立論が出来上がったら、確認することが大切なのだ。見落としや論理の破綻やあれやこれやがあるから。

ホテルの予約も、予約したら終わりでなく、予約サイトが潰れていないかどうか、確認することも重要なのである。やれやれ。予約の確認作業をしよう。ふ~~

 

Amomacom

| | コメント (0)

2019.09.02

令和元年の夏は終わりぬ

今年の夏は終わりました…

Img_2378
最後にちょっと泣かされてしもた
ライブは、白米様に痺れました。
ドラムに鳥肌が立ちました。
おいでシャンプーはいつ、何度聞いても 青春を感じます。

Img_e2386 Img_e2385


次はアンダラ 当たんないかな〜!

Img_2380 Img_2379

| | コメント (0)

2019.08.12

ディベート甲子園から大人へ

ディベート甲子園全国大会(全国中学・高校ディベート選手権大会)の審判を務めてきました。
やっぱり、ディベートっていいですね。
勝ちが決まって、喜びを爆発させる高校生たち。
そして、負けたあと、「この議論はどうすればよかったのですか?」と泣きながら尋ねてきた中学生。

青春だ!

ディベート甲子園では、
中高生達が、タクシー規制の緩和やフェイクニュースの禁止について熱い議論を闘わせたのです。
中学生がフードデザート(food deserts)の危険性を述べ、高校生が国家の情報操作の可能性を語ったりしたのです。もちろん議論はこれだけではありません。これらの議論に行き着くまでに、膨大な資料を調べ、さまざまな角度から検討し、議論を組み立て、壊し、再構築し、スピーチの練習をして、練習をして、練習を重ねてきたのだろう。
生徒達の努力は、ロジカルに議論を組み立てる力、クリティカルに議論を検討する力を養成し、プレゼンテーションの力を身に付けることになったはずだ。
ディベート甲子園に出場した中高生達は、プレゼンテーションスキルを身に付けたいから、ということでディベートをはじめたわけではないだろう。どこかで知ったディベートが面白くて、楽しくて、試合をしたくて、努力をしているうちに、身に付けてしまうのだ。

大人も、中高生に負けずにディベートをしましょう。
ディベートは大変だけど、中高生を泣かせるほど、楽しいのですから。

ディベート甲子園のご紹介
https://www.youtube.com/watch?v=8flvp3R493s

■大人のためのセミナー■

Photo_12


はじめてのロジカルシンキング&プレゼンテーション体験セミナー
「何を言っているかわからない」「それで、結論はなに?」と言わせないコツ

【大阪】8月24日(土) http://ptix.at/3L9TmO
【東京】8月31日(土) http://ptix.at/jtKIXU

Photo_11


はじめてのディベート体験セミナー
言い負かされない、ロジカルな議論のコツ

【大阪】8月24日(土) http://ptix.at/F4u0qh
【東京】8月31日(土) http://ptix.at/4WnDtL

N&Sラーニング
https://www.street-academy.com/steachers/46626…

| | コメント (0)

2019.07.26

作文審査は辛いよ!

とある公共団体が主催する中学生の作文コンテスト、下読み審査を担当した。2日間で述べ40点ほどを読んだ。
一昨年も下読みの審査をしたのだが、その時は、とても辛かった。何が書いてあるのかわからにのが大半だったからだ。物理的に読めないものもあった。字が汚くて、解読不能だったのだ。内容も、スローガンだけで、何を言いたいのかわからないのがほとんどだった。「自然があるといいなあ」くらいで、どうしたいのだ? というのが大半だった。
今年は、各校で絞ったものを応募してきているということで、字も綺麗、内容もよくわかった。よく調べて、さまざまな情報、データが示されている。が、作文、意見作文としては、ほとんどが落第だった。
何らかの提言をするというのが作文の課題だったのだが、感想だけだったり、その統計数字から何が言いたいのかわからないのだ。なにより、「天声人語」的な作文が多くて辟易した。意見文に起承転結の構成は合わないだろう。
いやはや。

| | コメント (0)

2019.07.20

プレゼンテーション&ディベートセミナー

今日は、北千住でロジカルプレゼンテーションとディベートのセミナーです。
はっきりしない天気が鬱陶しいです。
鬱陶しさを吹き払うような楽しいセミナーをしてきます。

| | コメント (0)

2019.07.17

2019年ディベート甲子園 関東甲信越予選

年に数回授業を担当している中学校、授業の一環としてディベート甲子園に出ている。

いつかは全国大会と思っているけど、難しい。

いつかは同好会、クラブを作って挑戦して欲しい。

Img_e2254

| | コメント (0)

閉店セールにて

近所の古本屋さんが閉店……
閉店セールは、買い物カゴすり切りまで入れて1000円でした。

Img_e2256

| | コメント (0)

«大人な読み逃し名作読書会 エミリー・ブロンテ「嵐が丘」