« メンタルタフネス講座~ストレスに負けないしなやかな心~ ご案内 | トップページ | つばさ高校の「日英ディベート」後期授業は、ディベートを掘り下げる »

2005.08.27

ロジックツリーは、クリティカルに考える道具なのか

 ある民間ビジネススクールで「クリティカルシンキング体験講座」を受けてきた。

 「クリティカルシンキング」という一連の講座のダイジェスト版だ。

 2時間で2000円と安価で、かつ終了後に懇親会もあるという。いたって魅力的な講座である。
これで体験者を増やして、本講座を受けてもらおうということなのだろう。

 講座の中身は、ロジックツリーを2題やってみるというもの。ロジックツリーを実際に演習してみたのははじめてで、なかなか楽しかった。
 このようなフレームワークは、問題を考えたり、分析するのに便利な道具だ。

 このフレームワークをどこで、どのように使いこなすのかが、課題なのだけれどね。

 ディベートをするとき、ロジックツリーはどのように使えるだろうか?
 準備の時、論題を解題するとき、プランを考えるとき、カウンタープランを考えるとき、に使えそうだ。分析と発想の道具として、有効なのではないか?
 高校か大学の授業で、あるいはディベート・オープン・スペースの例会でやってみようかな。

 講座修了後、懇親会があった。
 缶ビールやノンアルコールの飲み物と、ベーグル(バジルチキンとチーズの二種類)が用意され、講師と歓談できるようになっている。
 有限会社N&Sラーニングでも、こんな懇親会やってみたいものだ。
 当社ではこれだけの経費をかけられないけれども……

 と、ただで和やかにビールを飲み、ベーグルを食べ、満足して帰宅した。

 受講者になるのは、いつも楽しく、得るものがある。

|

« メンタルタフネス講座~ストレスに負けないしなやかな心~ ご案内 | トップページ | つばさ高校の「日英ディベート」後期授業は、ディベートを掘り下げる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/5664737

この記事へのトラックバック一覧です: ロジックツリーは、クリティカルに考える道具なのか:

« メンタルタフネス講座~ストレスに負けないしなやかな心~ ご案内 | トップページ | つばさ高校の「日英ディベート」後期授業は、ディベートを掘り下げる »