« ストレスチェック | トップページ | ディベート・オープン・スペース 10月の例会案内 »

2005.10.06

再掲:ロジカルコミュニケーションスキル講座

1日で身につける! 論理的に考える・伝える 基本のスキル

●日時:第10回 2005年10月15日(土) 10時~17時

●場所:東京・青山・こどもの城 研修室
(渋谷駅より徒歩10分 地下鉄表参道駅より徒歩8分)

●対象:ロジカルコミュニケーションスキルを高めたいと思っている方

●内容:
論理的思考方法とロジカルコミュニケーションスキルの基本の解説と演習をします
説明と演習で、論理的に考える方法を学び、論理的に伝える、論理的に理解するスキルを身につけます。

午前
 ロジカルシンキングの基本
 論理的思考の構造――主張とデータ、理由付けの関係を説明し、演習から理解します。

午後
 ロジカルプレゼンテーションを体得します。
 説明の基本
 説明の基本三原則を理解します。
 メンタルモデルとは――人はどのように「理解」をするのか、心理面から説明します。
 ロジカルな伝え方の基本――構成の基本=ロードマップ・ナンバリング・ラベリング・AREA・まとめ
              配置の基本=報知・説得・問題解決
 ロジカルな伝え方の演習――簡単なテーマでプレゼンテーションの練習をします。

●参加費:20,000円(税込、当日お支払いください)

●講師:西部直樹(全国教室ディベート連盟常任理事・日本ディベート協会会員)

●申込:次のページからお願いします。
    http://www.nands.net/seminar/index.html

●参加者の声

■今回は、ロジカルコミュニケーションのデータ→(理由付け)→主張の部分が非常に参考になりました。また、プレゼンテーションによって、データが欠落する傾向があることがわかったのが良かったです。まずは、基本から、復習したいと思います。ありがとうございました。(企画・女性)

■演習が多いので、実践的に体験することができ、大変勉強になりました。入門編や応用編の講座なども増やしてほしい。(システム・男性)

■講義の内容自体は書籍などで読める基本的なのことなのだが、実践するとなかなか思ったようにいかず、そこが面白かったです。(社会人・女性)

■大変参考になりました。機会があれば、今後ディベートコースも受講してみたいです。(社会人・男性)

■感覚的にものを捉える傾向があるので、客観的、論理的なコミュニケーションスキルを体系的に勉強してみたかった。使いやすい枠組みを見つけたように感じました。思ったより固い内容ではなくて、入りやすかったです。自分の話のクセ(話がとぶ)が実感できました。(社会人・女性)

|

« ストレスチェック | トップページ | ディベート・オープン・スペース 10月の例会案内 »

プレゼンテーション」カテゴリの記事

勉強会」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/6283882

この記事へのトラックバック一覧です: 再掲:ロジカルコミュニケーションスキル講座:

« ストレスチェック | トップページ | ディベート・オープン・スペース 10月の例会案内 »