« 洋子さん、あなたのことが気になります。 | トップページ | 威風堂々には、どうにも脱力してしまう…… »

2006.05.19

【再掲】ディベート・オープン・スペース 5月例会 論点構造化セミナー

※ディベート・オープン・スペース例会 特別セミナー※

今月の例会は、ディベートの議論を深める、その技法を学びます。

●日時:5月21日(日) 13時~17時

●場所:こどもの城 研修室 901
   http://www.kodomono-shiro.or.jp/access/index.html

内容:

●自己紹介(簡単なスピーチ練習付き)

●論点構造化セミナー

■講師:開米瑞浩氏(アイディアクラフト代表)http://ideacraft.jp/mt/

<講座の目的>

 政策論題の「メリット・デメリット」を列挙するために多くの場合リンクマップ が使われます。しかしリンクマップは自由連想式のため、個別論点を断片的に列 挙することはできても、問題自体のシステマチックな構造を全体像として把握す るには向いてません。
この講座は「問題」を複数の要素が連携して働く「システム」としてとらえるこ とで、個別の論点を引き起こす背後の構造的な要因を明らかにする能力を身につ けることが目的です。
リンクマップとは別な方式で論理構成の強化を図れるため、リンクマップに物足 りなさを感じている方に特にお勧めです。

<講座の内容>

ディベートの準備段階でよく使われる「リンクマップ」は、メリット・ デメリットの論点を連想ゲーム式に、思いつくまま拡散させていく方法で 作られることが多いものです。

しかし、現実の世界の「問題」は連想ゲームで発生するわけではあり ません。実世界の「問題」の背後には多くの場合、システマチックな 構造要因が存在します。

構造要因というのは、物理法則にも似た必然的な影響の流れのことで あり、メリット・デメリットのどちらを論ずる場合にも共通の立脚点と なるものです。そのため、構造要因を無視した論理展開は失敗します。

この講座では、いくつかのわかりやすい論題について「論点構造化」を 行った事例をいくつか紹介し、リンクマップとの違いを明らかにします。

さらに、練習論題を使ってメリット・デメリットの論点を分析し、 そこからより深いレベルにある構造要因を見抜く実習を行います。
最終的には構造要因を図解することによって、問題の全体像を視覚的に 把握できることを目指します。

<カリキュラム>

1)論点構造化・事例紹介
 選挙権年齢論題、道州制導入論題、動物園廃止論題など

2)論点構造化実習

●費用:一般 2,000円 大学生・高校生・中学生 500円

●申込:以下の申込ページからお願いします
   http://www.nands.net/dos/index.html

皆様の参加をお待ちしています。

|

« 洋子さん、あなたのことが気になります。 | トップページ | 威風堂々には、どうにも脱力してしまう…… »

ディベート授業」カテゴリの記事

勉強会」カテゴリの記事

ディベート」カテゴリの記事

公開講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【再掲】ディベート・オープン・スペース 5月例会 論点構造化セミナー:

« 洋子さん、あなたのことが気になります。 | トップページ | 威風堂々には、どうにも脱力してしまう…… »