« 06.05.13 半日でわかる! 気持ちを受け取る聴き上手講座 感想 | トップページ | 2006年5月20日 メンタルタフネス講座 感想 »

2006.06.23

ホワイトボードスクリーン活用――パワーポイントに書き込む簡単な方法

 ある研修先でのこと。
 プロジェクターの投影用のスクリーンがないので、ホワイトボードを流用することになった。
 可動式のホワイトボードに写したのだが、少々の欠点はあるものの、これが思いの外、使い勝手がよかった。

 ホワイトボードスクリーンは、小さい、低い、照り返しがある、という欠点はある。
 小さい画面にならざるをえず、大人数相手の研修には不向きである。幸いなことにその時は十数人の少人数研修だったので、ホワイトボードスクリーンでも充分だった。
 可動式のホワイトボードは、高さがせいぜい180センチくらい、遠くからみるには低い位置に写すことになる。けれども、少人数なら充分。
 ホワイトボードは、金属製なので、照り返しがある。プロジェクターのランプの反射が直接来るのだが、まあ、眩しいほどではなかった。

 このような欠点はあるのだが、ホワイトボードに写すと、結構使い勝手がいいのだ。何がいいかというと、パワーポイントの画面にマーカーで書き込めるのである。

 映写したものをマーカーで囲んで強調したり、情報を書き足したり、そんなことが自在にできる。
 パワーポイントは、事前に作り込んでおくのだが、講義中に受講者の様子を見ながら、書き足したくなることもある。そんなときに便利だ。
 そして、もちろん、書き足したことを消すのも簡単だ。

 マウスのカーソルをペンにして書き込むことは可能だけれど、マウスで文字を書いたりするのは少々辛い。タブレットもあるけれど、移動が多いので、荷物になる機器をあまり増やしたくない。
 専用のソフトなどもあるが、コストがかかる。やはり機器も増える。

 このホワイトボードスクリーンが簡便で、安価なのだ。

 スクリーン兼用のホワイトボードか、ホワイトボード兼用のスクリーンか、どちらでもいいのだが、事務機器メーカーの方、作ってくれないだろうか。
 研修室などを作るとき、スクリーンを別途設置する手間はいらない。コストパフォーマンスになると思うのだが。
 一緒に、ポインター(棒状のもの)に取り付けられるマーカーもあると便利。高いところに書き込むとき使えます。

 どうでしょうか。
 それとももうあるのかなぁ。

 このアイディア、特許とまではいかなくても実用新案くらいにはなるかな。

|

« 06.05.13 半日でわかる! 気持ちを受け取る聴き上手講座 感想 | トップページ | 2006年5月20日 メンタルタフネス講座 感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/10631286

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトボードスクリーン活用――パワーポイントに書き込む簡単な方法:

« 06.05.13 半日でわかる! 気持ちを受け取る聴き上手講座 感想 | トップページ | 2006年5月20日 メンタルタフネス講座 感想 »