« 6月10日開催 基本の速読講座 受講された方の感想 | トップページ | 10分集中切替法――妻考案 »

2006.06.26

知の技術研究開発センター ビジネスディベート公開講座

私こと 西部直樹が講師を務める公開講座です。

知の技術研究開発センター ビジネスディベート公開講座


■講座について■

ディベートは「知のエンジン」を鍛える能力開発技法です。「議論の揚げ足を取る方法」、「白いものを黒いものと言う詭弁術」だ、などと考える人がいますが、これは誤解です。詭弁を説き伏せるのがディベートの技術です。
ディベートでは、一つの政策について様々な角度から検証したり、本質的な議論をすることで、論理的思考と議論技術を鍛えることができます。

■プログラム■

本講座は、演習中心の議論技術研修です。論理的思考法、訴求力のある提案方法、質問による議論の探求、効果的な反論の技術、論理的な判断など、広範な「知的基礎体力」を体得します。また、演習を重ねることで、実践活用を目指します。


■タイムテーブル■
時間 1日目
9:30 【講義】オリエンテーション
     ディベートビデオ
10:00 【講義】論理的思考
【演習】論理的思考  
11:00 【講義】立論の構成
12:00 昼休
13:00 【講義】反対尋問
【演習】隠し言葉ゲーム
【講義】反駁の仕方
14:00 【演習】ディベート準備
15:00 【演習】ディベート準備  
16:00 【演習】ディベート試合①
17:00 【演習】ディベート試合②
    (17:30終了予定)
      
  2日目
9:30 【演習】本格ディベート準備

11:00 【講義】審査の方法
12:00 昼休
13:00 【演習】ディベート試合①
14:00 【演習】ディベート試合②
15:00 【演習】ディベート試合③
17:00 【講義】まとめと振り返り
    (17:30終了予定)

■効果■

●論理的思考/議論の論理構造を理解。
議論の最小単位である三角ロジックを知り、議論や主張を構造的に理解する方法を学ぶ。

●立論/効率的な企画・提案をする際の形式を知る
論理的思考の構造を基軸に、分かりやすいプレゼンテーションの方法、水掛け論にならない議論構造を学ぶ。

●反対尋問/質問と意見・反論の違いを理解
相手の主張の不明な点・矛盾点を確認する。系統的に聞くこと、前提条件の誤りなど本質的質問を学ぶ。

●反駁/ズレない議論方法と議論技術の習得
根拠への効率的な攻撃をナンバリング・ラベリング、議論の引用で明快に伝える。議論を比較することで、訴求力のあるスピーチテクニックを身につける。

●審査/論理的な意思決定をする
直前の議論や感情に左右されることなく、論理的に分析し、皆が納得できる根拠ある判定をする。

●準備/システムアナリシスで全体を掴む
リンクマップ方式により全体像を掴み、情報収集、分析を通じて効率的で強い論議テクニックを習得する。

■対象資格

・自分の議論に、よりパワーをつけたい方
・問題の核心を見極め、問題解決を的確にしたい方
・論理的で、素早い思考能力を身につけたい方

■日程■
   第32回 2006年07月24日(月)~25日(火)
   第33回 2007年01月25日(水)~26日(木)

■時間: 09:30~17:30
■場所: 生産性本部ビル(東京都渋谷区渋谷)他

■講師: 西部直樹 (にしべなおき)

■参加料: 一般 68,250円  
      社会経済生産性本部賛助会員 63,000円  
      知の技術研究開発センター会員 63,000円 (税込・1名様)
■定員: 各回 16名 (定員になり次第締め切ります)

|

« 6月10日開催 基本の速読講座 受講された方の感想 | トップページ | 10分集中切替法――妻考案 »

ディベート」カテゴリの記事

公開講座」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/10612863

この記事へのトラックバック一覧です: 知の技術研究開発センター ビジネスディベート公開講座:

« 6月10日開催 基本の速読講座 受講された方の感想 | トップページ | 10分集中切替法――妻考案 »