« 学校教育に「速読」を! | トップページ | 書店スイッチ »

2009.11.09

日々の記録 10月

10月1日(木)
 某所でディベート研修
 夕刻 「狼たちの死刑宣告」試写
 アクションたっぷり、法と正義とは、親の愛情を感じる。
 そして、何より、リアルな感情表現が素晴らしい。

10月2日(金)
 某所でディベート研修

10月3日(土)
 REBT学会
 千葉の某大学で開催。
 日本人生哲学感情療法学会は、こぢんまりとしていて居心地がよい。
 「危機介入」におけるREBT、「グループセラピー」を体験。グループREBTは、なかなか効果も高そうだ。

10月4日(日)
 REBT学会
 基調講演を聴き、分科会へ。
 疲れた。

10月5日(月)
 準備に追われる
 夕刻「サイドウェイズ」試写
 菊地凛子がかわいらしかった。
 過ぎた青春、人生の岐路に立ってどこに行くのか、カルフォルニアの風景の中で感じる郷愁、きれいな映画であった。

10月6日(火)
 某所でディベート研修
 某社との打合せも

10月7日(水)
 某所でディベート研修
 夕刻「きみがぼくを見つけた日」を試写。
 これは、良かった。タイムトラベルものの傑作である。

10月8日(木)
 台風襲来と思ったら、東京は強風だけ、雨はなく、朝から時折晴れ間ものぞく。
 が、電車は大幅に遅れる。
 某社でディベート研修
 開始時刻になっても、1/4しか受講者がいない!
 一時間遅れで開始、六時間遅れてやって来た受講者もいた。いやはや。

10月9日(金)
 某所でディベート研修 二日目
 少人数でみっちりと研修をする

10月10日(土)
 娘の運動会
 晴れて良かった。
 一生懸命走る、踊る娘が愛おしい。
 午後、息子は某イベントに出るため移動、妻も付きそう。
 娘は運動会終了後、韓国文化院で韓国アニメ上映会に。
 なかなか楽しかった。お土産をもらって帰宅。
 息子のイベントは、かなり感動的だったらしい。
 小学校時代のいい思い出になったろうなあ。

10月11日(日)
 掃除と洗濯と、娘が思いの外、服を畳むのが上手。
 将来が楽しみである。

10月12日(月)
 家でなんだかんだと。
 夕刻、妻と息子が買い物に出かけた隙に、娘と近所では美味しいと評判のケーキ屋さんに誕生日ケーキを買いに出る。
 妻の誕生日をしっとりと祝う。

10月13日(火)
 某所でプレゼンテーションの研修。
 昼休みに、他社の研修打ち合わせ。
 この時節に研修の依頼があるだけでも御の字である。
 夕刻 「REC2」を試写。グロいホラー。バイオハザート系のものかと思ったら、さにあらず、オカルト系だった。同行者はいなかったが、一人楽しむ。

10月14日(水)
 某所でプレゼンテーション研修の二日目。
 プレゼンテーション研修では、演習を数多くするのが一番である。
 スキルがどんどんついていくのが実感できる。
 ただ、「AREA」が難しい。
 夕刻、「ホースメン」を試写。チャン・ツィイーが妖艶でよかった。が中途半端。もやもやしてしまう。チャン・ツィイーをもっとしっかりと使えばよかったのに。なんだかなあ。もったいない映画。

10月15日(木)
 神奈川の某社に打ち合わせ。
 移動に1時間半、往復で3時間もかかる。間に「風が強く吹いている」を読了。
 いい小説だなあ。爽やかに泣けてくる。
 高島屋に腕時計の電池交換を頼む。ドイツのユンハンスの電波時計。シンプルなデザインが気に入っているのだが、思いの外電池がすぐになくなってしまう。電波時計は、気軽に電池交換が出来ないので、それが面倒。このメーカーのものは扱ってくれるみせも少なく、なかなか大変だ。
 某省への競争入札、落札できずの連絡が……。
 教育を金額だけではかっていいのかなあ。
 夕刻、「パイレーツ・ロック」を試写。
 大変楽しい映画であった。大人のおとぎ話みたいな感じである。
 60年代の自由を希求する若者の姿が愛おしい。

10月16日(金)
 息子の教育相談。忘れ物、片付け、集中力というか継続力のなさを嘆く。子育てはと書いて「我慢」と読むだな。
 その後、某医院でニンニク注射を打つ。ちょっと体がふらつく。効いているような気がする。
 準備、事務作業、経理などをしているとあっという間に夜である。
 合間に15分カットで1ヶ月で伸びた髪を切る。
 ふう。

10月17日(土)
 公開講座
 妻と子どもたちはウォーキングに。いいなあ。歩きたかった。

10月18日(日)
 ディベート勉強会

10月19日(月)
 某高校で授業
 本日は、速読の授業
 読む基本を学んでもらいたい、との想いからこの授業をしている。
 講師は、I氏。
 義務教育で、読書の基本を学ばせてほしい。
 ただ、熟読するだけでなく、状況に応じて読み分ける力をつけてほしい。
 原稿の依頼が来ているのだが、なかなか取りかかれず。どうする!

10月20日(火)
 経理をする。
 今年は、世界的不況の影響もあり、赤字に転じる。やれやれ。
 夕刻「風が強く吹いている」を試写。
 小説を読んでいたので、映画がよくわかった。
 よくをいうなら「ハイジ」の優れたコーチとしての能力をもっと描いてほしかったな。
 尚、東商ホールは最前列でも大丈夫であることを発見。画面が奥なので、十分に鑑賞できるのだ。

10月21日(水)
 大分に移動。
 空港から市内へはホバークラフトに乗船。まあ、それだけ。

10月22日(木)
 大分でディベートの研修。
 大分駅から単線に乗って研修会場まで。大学生の通学とぶつかる。
 ここの大学でも、集中講義をしてみたい、と思わせる学生たちであった。

10月23日(金)
 大分でディベートの研修 二日目
 誕生日だったけど……
 まあ、それほど嬉しいものでもなくなった。

10月24日(土)
 某社の原稿を書く。
 金町にできた葛飾中央図書館に出かける。個人の勉強スペースが2時間無料で借りられる。
 一日4時間まで可能だ。コンセントが有り、パソコンが使える。
 スペースを確保して、2時間くらいは他のことをしてしまった。あと1時間は本を読んでしまった。やれやれ。あと30分というところで、調子が出てくる。が、個人スペースは終了。近くのターリーズで続きをする。ターリーズのカウンター席には、コンセントがあるのだ。さらに1時間粘ってようやく完成。やれやれ。10枚ほどの原稿にどれだけかかるのか……。

10月25日(日)
 事務仕事をこなす。
 子どもたちはスポーツクラブのハロウィンパーティへ

10月26日(月)
 高校の授業。英語でディベート。授業の担当ではないので、気楽に見ていた。

10月27日(火)
 某所でプレゼンテーション研修。

10月28日(水)
 某所でプレゼンテーション研修。終了後仙台へ移動。

10月29日(木)
 仙台でロジカルシンキング・ディベート・メンタルタフネス研修
 欲張りだけど、なかなかコンパクトにまとまった研修です。

10月30日(金)
 仙台で、研修2日目。
 夜帰京。

10月31日(土)
 高校公開授業。月曜日の授業を公開するのだ。
 英語でディベート。なかなか良いディベートをしていたぞ。
 夕刻、息子のガールフレンドを招いてハロウィンパーティ。
 私は、パーティの隣の部屋で、NPOの会議を休んで、原稿の直し、企画書を書き、事務処理をする。いやはや。

|

« 学校教育に「速読」を! | トップページ | 書店スイッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

ディベート授業」カテゴリの記事

論理療法」カテゴリの記事

カウンセリング」カテゴリの記事

勉強会」カテゴリの記事

ディベート」カテゴリの記事

プレゼンテーション」カテゴリの記事

公開講座」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々の記録 10月:

« 学校教育に「速読」を! | トップページ | 書店スイッチ »