« ちょっと……――猿ロック THE MOVIE――☆ | トップページ | 相手の思いを理解する「論理的思考」と「聴く力」 第3回 掲載 »

2010.02.10

どうして身につかない!――なぜ、ノウハウ本を実行できないのか?――☆☆☆☆

 研修をしていて歯がゆい思いをすることがある。
 受講者から「難しいですねえ」と言われた時だ。

 つまり
 今回学んだことは、とても有意義であり、このスキルを使うことがどのような効果をもたらすかわかったが、私にはできない
 ということなのだ。

 コミュニケーションスキルを知った、理解した。しかし、なかなかできない。
 
 講師としては、いろいろなことを説明したい。これも大事だと思うと、ついいろいろと言ってしまう。
 受講者は研修は義務なので、なんとなくやってくる。時間が過ぎるのをじっと耐えている。
 企画担当者は、とにかくやってみる。一度やっておけばいいだろうと思っている。

 というのが、どうもなかなか身につかない原因である。

 本書は、その原因をあげ、対処法を説いている。

 第一の原因「情報過多」
 情報が多すぎて、こなせないのだ。
 詰め込みすぎるとこぼれるものも多々ある。
 
 例えば、水泳が初めてのものに、バタ足から腕の動き、顔の向き、呼吸の方法、ターンの仕方、タッチの方法を一度に教える。それで、泳げるようになれるわけがない。

 第二の原因「ネガティブなフィルター」
 どうせダメだ、とか、やる気がない。といっていては、得られるものはないのだ。

 ネガティブな態度で臨んでも、何も吸収できない。
 管理職対象の研修をすると、腕を組み、ふんぞり返っている人がいる。
 「何を言っているんだか」と斜に構えているのだ。
 そういう人は、なかなか演習もこなせず、身にも着かない。

 第三の原因「フォローの欠如」
 一度やっただけでは、身につかないのだ。
 翻って我が身を考えてみると、ディベートを学びはじめた時は、フローシート(メモ)が取れなかった。取れるようになるまで、何度も練習をしたものだ。
 一度で身に付けることは難しいのである。

 では、どうすればいいのか、処方箋はある。
 原因を取り除き、問題を解決する方法は、本書を読んでいただきたい。

 これは、研修を企画する人、講師、受講者ともども読むべき本だ。
 研修企画担当の人は、どうか一読していただきたい。
 そして、研修の数を増やしていただきたい、と切に願うのである……。 

|

« ちょっと……――猿ロック THE MOVIE――☆ | トップページ | 相手の思いを理解する「論理的思考」と「聴く力」 第3回 掲載 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

研修」カテゴリの記事

公開講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうして身につかない!――なぜ、ノウハウ本を実行できないのか?――☆☆☆☆:

« ちょっと……――猿ロック THE MOVIE――☆ | トップページ | 相手の思いを理解する「論理的思考」と「聴く力」 第3回 掲載 »