« 日本で一番エロい書店のこと――谷崎潤一郎の本が気になることにしておきたい | トップページ | 【報告】ぷちおじさんの恋愛相談室というか、恋バナ会 第3回目 »

2015.04.04

2015年 3月の本棚

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2749ページ
ナイス数:39ナイス

退屈姫君伝 (新潮文庫)退屈姫君伝 (新潮文庫)
読了日:3月6日 著者:米村圭伍
コイノカオリコイノカオリ
読了日:3月13日 著者:角田光代,島本理生,栗田有起,生田紗代,宮下奈都,井上荒野
欲望という名の電車 (新潮文庫)欲望という名の電車 (新潮文庫)感想
深い絶望と哀しみに満ちているけれど、そこには幽かな希望のようなものも感じる。欲望という名の電車は、どこに向かうのか。向かった先には、何があるのだろう。しかし、その電車を降りたなら、何かがあるかも知れないのだ。
読了日:3月15日 著者:テネシーウィリアムズ
風流冷飯伝 (新潮文庫)風流冷飯伝 (新潮文庫)感想
軽妙洒脱 楽しくなる
読了日:3月19日 著者:米村圭伍
ぶたぶた洋菓子店 (光文社文庫)ぶたぶた洋菓子店 (光文社文庫)感想
マドレーヌは飲み物です。
読了日:3月21日 著者:矢崎存美
この部屋で君と (新潮文庫)この部屋で君と (新潮文庫)感想
アンソロジーの楽しみは、普段読まない作家と出会えること。似鳥鶏がちょっと面白かった。
読了日:3月23日 著者:朝井リョウ,越谷オサム,吉川トリコ,坂木司,似鳥鶏,徳永圭,飛鳥井千砂,三上延
赫獣(かくじゅう)赫獣(かくじゅう)感想
怪獣ものは日本のお家芸のような気がする。ウルトラQのころからね。世界を揺るがす怪獣にしては、舞台がちょっとせせこましい感じがしないでもない。
読了日:3月27日 著者:岸川真
雲をつかむ少女雲をつかむ少女感想
いましか読めない小説である、テクノロジー的風俗としては、しかし、そこには普遍が潜んでいる。藤野恵美の筆(キーボード)は、人との繋がりを優しく描く。テクノロジーの向こうに、あるいはこちら側にいるのは、人であることを忘れてはいない。
読了日:3月29日 著者:藤野恵美
槐(エンジュ)槐(エンジュ)感想
一気呵成
読了日:3月31日 著者:月村了衛

読書メーター

|

« 日本で一番エロい書店のこと――谷崎潤一郎の本が気になることにしておきたい | トップページ | 【報告】ぷちおじさんの恋愛相談室というか、恋バナ会 第3回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/61387547

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年 3月の本棚:

« 日本で一番エロい書店のこと――谷崎潤一郎の本が気になることにしておきたい | トップページ | 【報告】ぷちおじさんの恋愛相談室というか、恋バナ会 第3回目 »