« 今日は、この芝居を観るべきだ | トップページ | 正月の買い物は控えめに »

2016.01.01

2015年の読書

2015年の読書メーター

読んだ本の数:140冊
読んだページ数:36563ページ
う~ん、漫画も含めて140冊は、物足りない
目標は200冊だ。
出署せず (新潮文庫)出署せず (新潮文庫)感想 刑事でもないのに、仕方なく事件の捜査に乗り出す柴崎、地味な事件の背後にある、思わぬ結末! 読ませます。 読了日:1月4日 著者:安東能明
きみは赤ちゃんきみは赤ちゃん感想 妊娠から出産、1歳までの子育てを綴った。そこは、作家らしく赤裸々に語られている。マタニティブルーであるとか、産後うつとか、とか。サンドバッグ状態の旦那の様子とか。子どもが売れまれ多前後を思い出し、懐かしくなってしまった。そして、改めて妻と子どもたちに感謝の念が沸いてくるのだ。妻は、こんな苦労をしていたのだなあと。子どもたちに生まれてきてくれてありがとうと。 読了日:1月9日 著者:川上未映子
結婚の生態 (新潮文庫 い 2-1)結婚の生態 (新潮文庫 い 2-1)感想 妻を教育しようとする主人公、しかし、結局妻に翻弄されていく。愛情深い夫婦関係となっていくのだ。 戦前の作なので、その時代背景も考え読んでみると、興味深い。 読了日:1月16日 著者:石川達三
機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)感想 短篇の切れ味が素晴らしい。機龍警察の馴染みの面々、脇役がそれぞれの話の主人公となっている。裏方であったり、機龍警察に参画する前の話だったり、と興味は尽きない。「勤行」は、裏方の完了の姿がまた素敵で、最後は少し泣かせてくれる。 読了日:1月20日 著者:月村了衛
うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))感想 これは、素敵な物語、続きが早く読みたい! 読了日:1月26日 著者:宇仁田ゆみ
進撃の巨人(12) (講談社コミックス)進撃の巨人(12) (講談社コミックス)感想 久しぶりに読んだら、わけがわからなくなっていた。 また、池袋の献血ルームで読もう 読了日:1月26日 著者:諫山創
進撃の巨人(11) (講談社コミックス)進撃の巨人(11) (講談社コミックス) 読了日:1月26日 著者:諫山創
うさぎドロップ  (2) (Feelコミックス)うさぎドロップ  (2) (Feelコミックス) 読了日:1月27日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ (3) (Feelコミックス)うさぎドロップ (3) (Feelコミックス)感想 我が娘と重ね合わせてしまう 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ (4) (Feelコミックス)うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 5 (5) (Feelコミックス)うさぎドロップ 5 (5) (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 6 (Feelコミックス)うさぎドロップ 6 (Feelコミックス)感想 高校時代が懐かしい 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 7 (Feelコミックス)うさぎドロップ 7 (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)うさぎドロップ 8 (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 9  (Feelコミックス)うさぎドロップ 9  (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス) 読了日:1月28日 著者:宇仁田ゆみ
藪の中藪の中感想 こんな話だったのか。しかし、やはり芥川は天才だ 読了日:1月30日 著者:芥川竜之介
羅生門(青空文庫)羅生門(青空文庫)感想 なるほどね 読了日:1月30日 著者:芥川龍之介
その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想 はじまりは、美しい女性の誘拐事件だった。なぜ、彼女は狙われたのか、そして彼女は監禁されたところから逃げ出すことはできるのか! とサスペンスフルな話かと思っていたら、ここはまだ1/4に過ぎない。彼女は何者なのか、ああ、もう読み終えた人とゆっくりと話がしたい。 読了日:2月5日 著者:ピエールルメートル
くちびるに歌をくちびるに歌を感想 青春だよね。ラストの少し前、思わず涙してしまった。スタバで読んでいたので、ぐっとこらえたけど。こころが通い合う、その瞬間が素晴らしい。 読了日:2月7日 著者:中田永一
八つ花ごよみ (新潮文庫)八つ花ごよみ (新潮文庫)感想 夫婦の有り様が様々に描かれる、夫婦そして、家族の様か。山本一力らしく、人への信頼が根底にあるので、読み終えると、前向きな気持ちになる。素敵な短編集。 読了日:2月11日 著者:山本一力
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (1) (KCデラックス ヤングマガジン)攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (1) (KCデラックス ヤングマガジン)感想 アニメのコミカライズか。面白い 読了日:2月12日 著者:衣谷遊
本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ感想 本が好きなら、この本を読まなくてはいけない。 読了日:2月14日 著者:柚木麻子
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2) (KCデラックス ヤングマガジン)攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(2) (KCデラックス ヤングマガジン) 読了日:2月15日 著者:衣谷遊
バビル2世ザ・リターナー 1 (ヤングチャンピオンコミックス)バビル2世ザ・リターナー 1 (ヤングチャンピオンコミックス)感想 絵がちょっと粗いのが、残念。 読了日:2月16日 著者:横山光輝
3時のアッコちゃん3時のアッコちゃん感想 アッコちゃんに会いたい 読了日:2月17日 著者:柚木麻子
真紅の戦場: 最強戦士の誕生 (ハヤカワ文庫SF)真紅の戦場: 最強戦士の誕生 (ハヤカワ文庫SF)感想 新しい宇宙の戦士です。続編が愉しみ。 読了日:2月22日 著者:ジェイアラン
復讐者たち (傭兵代理店) (祥伝社文庫)復讐者たち (傭兵代理店) (祥伝社文庫) 読了日:2月28日 著者:渡辺裕之
退屈姫君伝 (新潮文庫)退屈姫君伝 (新潮文庫) 読了日:3月6日 著者:米村圭伍
コイノカオリコイノカオリ 読了日:3月13日 著者:角田光代,島本理生,栗田有起,生田紗代,宮下奈都,井上荒野
欲望という名の電車 (新潮文庫)欲望という名の電車 (新潮文庫)感想 深い絶望と哀しみに満ちているけれど、そこには幽かな希望のようなものも感じる。欲望という名の電車は、どこに向かうのか。向かった先には、何があるのだろう。しかし、その電車を降りたなら、何かがあるかも知れないのだ。 読了日:3月15日 著者:テネシーウィリアムズ
風流冷飯伝 (新潮文庫)風流冷飯伝 (新潮文庫)感想 軽妙洒脱 楽しくなる 読了日:3月19日 著者:米村圭伍
ぶたぶた洋菓子店 (光文社文庫)ぶたぶた洋菓子店 (光文社文庫)感想 マドレーヌは飲み物です。 読了日:3月21日 著者:矢崎存美
この部屋で君と (新潮文庫nex)この部屋で君と (新潮文庫nex)感想 アンソロジーの楽しみは、普段読まない作家と出会えること。似鳥鶏がちょっと面白かった。 読了日:3月23日 著者:朝井リョウ,越谷オサム,吉川トリコ,坂木司,似鳥鶏,徳永圭,飛鳥井千砂,三上延
赫獣(かくじゅう)赫獣(かくじゅう)感想 怪獣ものは日本のお家芸のような気がする。ウルトラQのころからね。世界を揺るがす怪獣にしては、舞台がちょっとせせこましい感じがしないでもない。 読了日:3月27日 著者:岸川真
雲をつかむ少女雲をつかむ少女感想 いましか読めない小説である、テクノロジー的風俗としては、しかし、そこには普遍が潜んでいる。藤野恵美の筆(キーボード)は、人との繋がりを優しく描く。テクノロジーの向こうに、あるいはこちら側にいるのは、人であることを忘れてはいない。 読了日:3月29日 著者:藤野恵美
槐(エンジュ)槐(エンジュ)感想 一気呵成 読了日:3月31日 著者:月村了衛
ぶたぶたのお医者さん (光文社文庫)ぶたぶたのお医者さん (光文社文庫)感想 ぶたぶたはいつも優しい。とらはその後どうなったのだろう。 読了日:4月1日 著者:矢崎存美
ちはやふる(18) (BE LOVE KC)ちはやふる(18) (BE LOVE KC)感想 しばらく読んでいなかったら、こんなことに…… 読了日:4月6日 著者:末次由紀
完璧な夏の日〈上〉 (創元SF文庫)完璧な夏の日〈上〉 (創元SF文庫)感想 独特の文章、ト書きのような描写は好みは分かれるかも知れない。その世界観を了承してしまえば、あとは著者の揺さぶりを愉しむことができる。意識の流れのような、場面、時間の転換が映画を観るようで,とても映像的。超人たちの戦いは、リアルである。 読了日:4月12日 著者:ラヴィ・ティドハー
完璧な夏の日〈下〉 (創元SF文庫)完璧な夏の日〈下〉 (創元SF文庫)感想 もしも、キャプテンアメリカとかXmenが実在したら、という物語と思いきや、それは切ない恋の物語だったのである。 読了日:4月16日 著者:ラヴィ・ティドハー
ゼロの迎撃 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)ゼロの迎撃 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想 首相の演説が、心を打つ。 読了日:4月23日 著者:安生正
東京喰種 2―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 2―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス) 読了日:4月25日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 3 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 3 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:4月25日 著者:石田スイ
にゃんそろじー (新潮文庫)にゃんそろじー (新潮文庫)感想 猫がいい 内田百閒の猫かわいがりの様子が微笑ましく、そして切ない。 読了日:4月26日 著者:
東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)感想 ゲオでたくさん並んでいたのでつい借りてしまった。なかなかシュールな設定、これからの展開が愉しみ 読了日:4月28日 著者:石田スイ
スプライト 9 (ビッグコミックス)スプライト 9 (ビッグコミックス) 読了日:4月29日 著者:石川優吾
スプライト 10 (ビッグコミックス)スプライト 10 (ビッグコミックス)感想 真田との戦いは息をのむ 読了日:4月29日 著者:石川優吾
スプライト 11 (ビッグコミックス)スプライト 11 (ビッグコミックス)感想 謎は深まるのか 読了日:4月29日 著者:石川優吾
スプライト 12 (ビッグコミックス)スプライト 12 (ビッグコミックス)感想 次はどの時代にいくのだ 読了日:4月30日 著者:石川優吾
フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (2) (花とゆめCOMICS) 読了日:5月3日 著者:高屋奈月
フルーツバスケット (3) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (3) (花とゆめCOMICS) 読了日:5月4日 著者:高屋奈月
フルーツバスケット (4) (花とゆめCOMICS)フルーツバスケット (4) (花とゆめCOMICS)感想 ここまで読んでみた。う~ん、わからん。登場人物を見分けられないのだ。困ったものだ。 読了日:5月4日 著者:高屋奈月
東京喰種 4 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 4 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 5 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 5 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 6 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 6 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 9 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 9 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 10 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 10 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 11 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 11 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月4日 著者:石田スイ
スプライト 13 (ビッグコミックス)スプライト 13 (ビッグコミックス) 読了日:5月7日 著者:石川優吾
スプライト 14 (ビッグコミックス)スプライト 14 (ビッグコミックス) 読了日:5月7日 著者:石川優吾
ちはやふる(19) (BE LOVE KC)ちはやふる(19) (BE LOVE KC) 読了日:5月7日 著者:末次由紀
ちはやふる(20) (BE LOVE KC)ちはやふる(20) (BE LOVE KC)感想 クイーン戦はどうなるのか 読了日:5月7日 著者:末次由紀
サンティアゴの東 渋谷の西サンティアゴの東 渋谷の西感想 様々な街で、出会い、別れ。一筋縄ではいかない人生、勘違いがあったり、思い込みがあったり、それぞれ。瀧羽麻子は時に切なく、諧謔を効かせ、韜晦の森に誘う、それはもう楽しい短編集である。 読了日:5月13日 著者:瀧羽麻子
東京喰種トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)感想 最終戦なのか 読了日:5月13日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 14 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 14 (ヤングジャンプコミックス)感想 これで終わりなの? 読了日:5月13日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)感想 今度はこっちからかい! 読了日:5月13日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール 12 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 12 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:5月13日 著者:石田スイ
ちはやふる(21) (BE LOVE KC)ちはやふる(21) (BE LOVE KC) 読了日:5月13日 著者:末次由紀
ちはやふる(22) (BE LOVE KC)ちはやふる(22) (BE LOVE KC) 読了日:5月13日 著者:末次由紀
ちはやふる(23) (BE LOVE KC)ちはやふる(23) (BE LOVE KC)感想 巻末の4コマ漫画が楽しすぎる! 読了日:5月13日 著者:末次由紀
ちはやふる(24) (BE LOVE KC)ちはやふる(24) (BE LOVE KC) 読了日:5月15日 著者:末次由紀
ちはやふる(25) (BE LOVE KC)ちはやふる(25) (BE LOVE KC) 読了日:5月15日 著者:末次由紀
ちはやふる(26) (BE LOVE KC)ちはやふる(26) (BE LOVE KC)感想 切ないねえ。 ついに恋バナに突入! 読了日:5月15日 著者:末次由紀
ぶたぶたの本屋さん (光文社文庫)ぶたぶたの本屋さん (光文社文庫) 読了日:5月17日 著者:矢崎存美
いつかぼくが帰る場所いつかぼくが帰る場所感想 素敵な物語。人類が絶滅しかけ、殺伐とした世界なのに。リリカルな描写が胸を打つ。 読了日:5月23日 著者:ピーターヘラー
書店ガール 4 (PHP文芸文庫)書店ガール 4 (PHP文芸文庫)感想 新しい世代が主人公になった。若い人たちの仕事への戸惑いや恐れは、おじさんになっても共感できる。彼女たちが前に進んでいく姿に、ちょっと涙してしまった。本が好きな人はますます好きになってしまうな、これを読むと。 読了日:5月25日 著者:碧野圭
ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴンヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン感想 今回も楽しかった。 研人も高校生か 読了日:5月29日 著者:小路幸也
午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)感想 仕事をなめんなよ ですね。仕事は仕事なのだよ 読了日:6月1日 著者:ねむようこ
機忍兵零牙 (ハヤカワ文庫JA)機忍兵零牙 (ハヤカワ文庫JA)感想 もっと読みたい、と思うのである。謎が解けない。 読了日:6月6日 著者:月村了衛
キケン (新潮文庫)キケン (新潮文庫)感想 大学の部室、懐かしいです。 読了日:6月7日 著者:有川浩
ヘンな論文ヘンな論文感想 この変わったことに情熱を捧げる変わった学者がいて、私たちの生活は向上している、と思う。いやあ、その情熱には頭が下がる。巻末の「湯たんぽ」博士は、楽しく、素晴らしい。ただ、結果だけを盗用する人には、憤りを覚える。 読了日:6月7日 著者:サンキュータツオ
試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)感想 この店は、男性の服は扱っていないのだろうか? 読了日:6月10日 著者:尾形真理子
デブを捨てにデブを捨てに感想 読んでいて、これほど気持ちの悪くなる物語はない。なのに、最後にそこ儚い希望の光が見えるのは、どういうことなんだ。 読了日:6月11日 著者:平山夢明
ちはやふる(27) (BE LOVE KC)ちはやふる(27) (BE LOVE KC)感想 ああ、もう! 読了日:6月16日 著者:末次由紀
土漠の花土漠の花感想 読み進むのが辛かった。次々と襲い来る危機、息苦しくて、心臓が苦しくて、一気に読めなかった。それほどの緊迫感のある小説だ。 読了日:6月16日 著者:月村了衛
イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)感想 やられたあ。あれ? と思いながら、読み進んで、最後に…… 読了日:6月18日 著者:乾くるみ
ふたり姉妹ふたり姉妹感想 瀧羽麻子の新境地なのかな?  読了日:6月21日 著者:瀧羽麻子
ナイルパーチの女子会ナイルパーチの女子会感想 読み進めていくと、あまりの恐ろしさに手が止まってしまった。女子って……。柚木さんはふんわりと女子会を描いていたのに。今作では女子の内蔵をえぐり出して、さあ、中身はこんなものだよ、と突きつけてくる。最後は、幽かな光明が見えるのは、救いではあるが…… 読了日:6月27日 著者:柚木麻子
蓮花の契り 出世花 (ハルキ文庫 た 19-14 時代小説文庫)蓮花の契り 出世花 (ハルキ文庫 た 19-14 時代小説文庫)感想 これで終わりかと思うと、残念でならない。お縁の心の揺らぎ、母への想い、正念との心の交わり……、心に染みる物語だった。 読了日:6月30日 著者:高田郁
継承者の印 (傭兵代理店) (祥伝社文庫―傭兵代理店 (わ7-4))継承者の印 (傭兵代理店) (祥伝社文庫―傭兵代理店 (わ7-4)) 読了日:7月3日 著者:渡辺裕之
藍のエチュード藍のエチュード感想 もう、なんか青春です。 読了日:7月6日 著者:里見蘭
HARD THINGSHARD THINGS感想 読むのが辛かった。ベン・ホロヴィッツに襲いかかる様々な苦難。読むだけで胸が苦しくなる。そこからどう切り抜けたのか、実践的な話になる。起業を目指す人、既に企業をした人、社長を生業としている人に必読の一冊。 読了日:7月22日 著者:ベン・ホロウィッツ
リンクスⅡ - Revive (中公文庫)リンクスⅡ - Revive (中公文庫)感想 もう、理屈抜きにアクションを楽しめる本である。 読了日:7月24日 著者:矢月秀作
洛中洛外画狂伝―狩野永徳洛中洛外画狂伝―狩野永徳感想 職人と芸術家の狭間で苦悩する主人公が瑞々しい。そして、時代に翻弄される姿が痛々しい。 読了日:8月14日 著者:谷津矢車
武士道ジェネレーション武士道ジェネレーション感想 二人の生き方、もう少し読みたい。香織は結婚するのかなあ、とか。とか。いつまでも読み続けたい物語だった。 読了日:8月15日 著者:誉田哲也
ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)感想 ぶたぶたさんのちらし寿司を食べてみたい…… 読了日:8月16日 著者:矢崎存美
俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)感想 純情な物語に、懐かしさを覚えるのである。 読了日:8月18日 著者:河原和音
ガットショット・ストレートガットショット・ストレート感想 映画になったら、どんな配役になるかなと想像しながら読んでしまった。それほど、映画的。チープで浅薄で派手で、そして、引き込まれるお話たち。これは楽しい。シェイクはライアン・ゴズリング、ジーナはクロエ・ベネットが、アレクサンドラは、ニコール・キッドマンかな。 読了日:8月24日 著者:ルー・バーニー
俺物語!! 2 (マーガレットコミックス)俺物語!! 2 (マーガレットコミックス) 読了日:8月24日 著者:河原和音
俺物語!! 3 (マーガレットコミックス)俺物語!! 3 (マーガレットコミックス) 読了日:8月24日 著者:アルコ
俺物語!! 4 (マーガレットコミックス)俺物語!! 4 (マーガレットコミックス) 読了日:8月24日 著者:アルコ
俺物語!! 5 (マーガレットコミックス)俺物語!! 5 (マーガレットコミックス) 読了日:8月24日 著者:アルコ
俺物語!! 6 (マーガレットコミックス)俺物語!! 6 (マーガレットコミックス) 読了日:8月24日 著者:アルコ
学校のぶたぶた (光文社文庫)学校のぶたぶた (光文社文庫)感想 カウンセラーか、ブタブタのカウンセリングなら受けてみたい 読了日:8月29日 著者:矢崎存美
からくり同心 景 (角川文庫)からくり同心 景 (角川文庫)感想 煌びやかなからくり人形、江戸時代に暗躍する悪のからくり? とはぐれからくり! これからが楽しみです。 読了日:8月30日 著者:谷津矢車
闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫)闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫) 読了日:8月31日 著者:矢月秀作
東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種―トーキョーグール―:re 2 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:8月31日 著者:石田スイ
東京喰種トーキョーグール:re 3 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 3 (ヤングジャンプコミックス) 読了日:8月31日 著者:石田スイ
ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 01 (ジャンプコミックス)感想 脱力です。 読了日:8月31日 著者:村田雄介,ONE
ワンパンマン 02 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 02 (ジャンプコミックス) 読了日:8月31日 著者:村田雄介,ONE
烏に単は似合わない (文春文庫)烏に単は似合わない (文春文庫)感想 これは、嵌ってしまった。 読了日:9月4日 著者:阿部智里
烏は主を選ばない (文春文庫)烏は主を選ばない (文春文庫)感想 政治の描き方、人の描き方、若さを感じさせない重厚さ、これは本物だ。早く次が読みたい! 読了日:9月4日 著者:阿部智里
黄金の烏黄金の烏感想 いやあ、面白かった。世界の謎が深まり、雪哉に恋の予感か。 読了日:9月7日 著者:阿部智里
空棺の烏空棺の烏感想 山内の謎は深まるばかり。どうなっているの?来年まで、待てない。 読了日:9月7日 著者:阿部智里
超一流の雑談力超一流の雑談力感想 参考にはなる。 しかし、これが超一流かといえるかは、? 読了日:9月12日 著者:安田正
くノ一忍法帖 (角川文庫)くノ一忍法帖 (角川文庫)感想 もう奇想天外、雄壮無比、奇妙奇天烈、こんなのないでしょうという忍法のオンパレード、もう想像力と妄想力の勝利ですね。楽しい一冊 読了日:9月12日 著者:山田風太郎
シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術 (新潮文庫)シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術 (新潮文庫)感想 いやあ、これは面白い。 読了日:9月14日 著者:植木理恵
火花火花感想 そのものであり続けるものと、そうではないことに気がついて、自らに決着をつけることが出来るもの。その差はわずかなのだけれど、越えられないものなのだろう。 処女作の気負いとか青臭さとかがちょっと心地よい。 読了日:9月20日 著者:又吉直樹
死のドレスを花婿に (文春文庫)死のドレスを花婿に (文春文庫)感想 そうなりますか、の展開だ 読了日:10月2日 著者:ピエールルメートル
バレットハート 警視庁特別教導課 心経琴枝 (角川文庫)バレットハート 警視庁特別教導課 心経琴枝 (角川文庫)感想 丑の刻参りと殺人事件の謎、それを巡る刑事の過去。いやあ、面白かったです。 読了日:10月5日 著者:丈武琉
カフェ、はじめますカフェ、はじめます感想 はじまりは、予期せぬ出会いから。おにぎりカフェがあったらなら、行ってみたい。畳の上に寝転んで、まどろんでみたい。続きを書いて下さい。岸本さん 読了日:10月6日 著者:岸本葉子
柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫)柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫)感想 谷津矢車さんには、驚かされる。十兵衛って、そうなの? 表紙絵のどちらが十兵衛でしょうか? 驚いたけど、すんなりと読ませる。霧がこれからどうなるのか、とても気になる。霧の物語も読んでみたい。 読了日:10月8日 著者:谷津矢車
幕が上がる (講談社文庫)幕が上がる (講談社文庫)感想 読後、ああ、と嘆息がもれる。もう何十年も前に高校時代が終わったけれど、あの頃の部活は、こんな感じだったなあ、と。今の生徒達を見ながら、君たちも、熱中するものがあるのかな、と。平田オリザの優しい視線が胸に迫る。 読了日:10月12日 著者:平田オリザ
超高速!参勤交代 老中の逆襲 (らくらく本)超高速!参勤交代 老中の逆襲 (らくらく本)感想 読んでスカッとする、楽しい時代小説だ。 読了日:10月14日 著者:土橋章宏
図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)感想 硬派な内容なのに、相変わらず甘いですなあ。 読了日:10月21日 著者:有川浩
MM9―destruction― (創元SF文庫)MM9―destruction― (創元SF文庫)感想 怪獣大決戦! 読了日:10月23日 著者:山本弘
骨風骨風感想 作者の風貌からは想像できない、繊細な物語たち。私小説なのか、それとも読者を煙に巻いているのかはわからないけれど、物語には、静謐さがある。情景を思い浮かべながら、静かな佇まいなのだ。読み終えたく、読み終えたくない物語たち。 読了日:10月29日 著者:篠原勝之
失恋天国 (文芸書)失恋天国 (文芸書)感想 失恋学校、これは素敵な学校だ。 読了日:11月4日 著者:瀧羽麻子
キルマ1945 (単行本)キルマ1945 (単行本)感想 これは、面白い! 読了日:11月12日 著者:丈武琉
火星の人 (ハヤカワ文庫SF)火星の人 (ハヤカワ文庫SF)感想 火星のロビンソンクルーソーというか。これまでの火星に置き去り小説(?!)の白眉というか。前向きにサバイバルする主人公の姿が心を打つ。しかも、次から次へと危機が来る! 心臓に悪い小説です。 読了日:11月28日 著者:アンディ・ウィアー
コーヒーが冷めないうちにコーヒーが冷めないうちに感想 泣かせてくれました。 読了日:11月30日 著者:川口俊和
煌夜祭 (中公文庫)煌夜祭 (中公文庫)感想 素敵な世界観だ 読了日:12月10日 著者:多崎礼
喰う寝るふたり 住むふたり  1(ゼノンコミックス)喰う寝るふたり 住むふたり  1(ゼノンコミックス)感想 男女のすれ違いがほのぼのとおかしく、しみじみとしている。 読了日:12月14日 著者:日暮キノコ
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) 読了日:12月20日 著者:
四色の藍 (PHP文芸文庫)四色の藍 (PHP文芸文庫)感想 これは、うまい、泣ける。時代小説の佳作! 読了日:12月21日 著者:西條奈加
喰う寝るふたり 住むふたり (2) (ゼノンコミックス)喰う寝るふたり 住むふたり (2) (ゼノンコミックス)感想 他人の子どもをしっかりと叱ることができる女性は素敵です。 読了日:12月24日 著者:日暮キノコ
喰う寝るふたり 住むふたり 3 (ゼノンコミックス)喰う寝るふたり 住むふたり 3 (ゼノンコミックス)感想 自分は、いつ結婚しようと思ったのだろう。思い出してしまう。 読了日:12月24日 著者:日暮キノコ
読書メーター

|

« 今日は、この芝居を観るべきだ | トップページ | 正月の買い物は控えめに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/62984816

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の読書:

« 今日は、この芝居を観るべきだ | トップページ | 正月の買い物は控えめに »