« 「はやく、はやく、はやくきて」と女の子からいわれた時のこと、惑う耳の話 | トップページ | 5月の晴れた日曜日には »

2016.05.13

あのね。わたし、木に恋してしまった。

Dsc_0013


「あのね。わたし、木に恋してしまった」

アリ・スミス「五月」の書き出しだ。

恋愛の物語ではない、「変」愛である。

変愛の文字を見ると 石坂洋次郎の「青い山脈」を思い出す人もいるだろう。

「恋しい、恋しい」と書くべきところを
「変しい、変しい」と書いてしまったラブレター。

これは、書き間違いではない。

変な愛の物語たちである。

木に恋した
皮膚が宇宙服になってしまい、宇宙に飛び立つ病をもつ人を愛したら ……。

愛の可能性に、思い巡らすことになる。
そして、小説の愉しみが詰まっている。

「変愛小説集」 岸本佐知子編訳 講談社
「変愛小説集 日本作家編」 岸本佐知子編 講談社

天狼院書店
 メゾン 203号室で、お待ちしています。

Abf1cfd4491ad60bcb64395d63028926

|

« 「はやく、はやく、はやくきて」と女の子からいわれた時のこと、惑う耳の話 | トップページ | 5月の晴れた日曜日には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/63623116

この記事へのトラックバック一覧です: あのね。わたし、木に恋してしまった。:

« 「はやく、はやく、はやくきて」と女の子からいわれた時のこと、惑う耳の話 | トップページ | 5月の晴れた日曜日には »