« ステキな人生相談~結婚したいんですが、できません。どうすれば結婚できるのでしょうか?~ | トップページ | »

2016.06.06

57歳の僕が、図らずも心奪われ、キュンとなってしまった一冊

胸が「キュン」となったら、

それは恋ではありません。

それは病です。

 

という年代の僕も、これには、図らずも「キュン」となってしまった。

病ではない、恋である。

正しくは、恋の回顧なのだろうけれど……

 

教室の片隅にいる、目立たない少女。

誰もが気に掛けない、誰もが彼女の名前はうろ覚えだ。

その少女がある少年に思い切って告白をしたら……

 

あるいは、

恋多き少年は、恋に破れると幼なじみの少女のところへいき、慰めてもらうのだった。

しかし、ある時……

 

 高校生や大学生たちの物語たちは、

思わず、「そうそう、そういうことあった……

 





あったらよかったのになあ」

と嘆息を誘うのである。

 

そして、

「マトリョーシカ」という物語の、ラストに

 

「いや、もう、参るよね」と年甲斐もなく体をクネクネとさせてしまうのである。

もし、一緒に「そうですよねえ」といって、体をクネクネしてしまう人がいたなら、なんかその人とは仲良くなれそうな気がするのである。

 

図らずも心を奪われてしまう、キュンとなる一冊である。

ああ、そう、体もクネクネしたくなることをお忘れなく。

 

Dsc_0100_3

透明人間の恋 (マーガレットコミックス)  安藤ゆき

|

« ステキな人生相談~結婚したいんですが、できません。どうすれば結婚できるのでしょうか?~ | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/63740715

この記事へのトラックバック一覧です: 57歳の僕が、図らずも心奪われ、キュンとなってしまった一冊:

« ステキな人生相談~結婚したいんですが、できません。どうすれば結婚できるのでしょうか?~ | トップページ | »