« 10月30日(日) ディベートベーシック講座 | トップページ | リーディングハイ に記事が掲載されました。 »

2016.12.17

アクティブラーニングは、ディベートで

おはようございます。
本日は、雑談力をつけるセミナー
http://nands.way-nifty.com/nands/up.html
です。

48df880a27d2556410f2b98e54bd2b5f_s

昨日は、福島県のある団体の動画関連の打ち合わせ
夕方には、ある私学でディベートの授業をどのように創るのか、の説明と協議でした。

2020年に大学入試が変わります。
これまでの知識を問う試験から、思考力やプレゼンテーション力を問う試験に変わります。(正直どうなるのかは、なってみないとわからないところはあるでしょうが)
そのためには、生徒達に自ら考え、判断し、それを説明できる力が求められます。
今、盛んに行われているアクティブラーニングがそれです。

アクティブラーニングの典型が、ディベートです。
ディベート授業ですね。
テーマを決め、自ら調べ、議論し、振り返る。
一度このシステムができれば、生徒は、自ら学びはじめるのです。

でも、このシステムを作る、授業の枠組みとして、生徒の内面に自ら学ぶこととして、組み込むのは容易ではありません。

あと4年後に向けて、いまから取り組んでも、間に合わないかも知れません。

しかし、取り組まなくては、取り残されてしまうのです。

取り組みはじめたところには、惜しみなくお手伝いにいきたいと思っています(ボランティアは、できませんが)

|

« 10月30日(日) ディベートベーシック講座 | トップページ | リーディングハイ に記事が掲載されました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/64636035

この記事へのトラックバック一覧です: アクティブラーニングは、ディベートで:

« 10月30日(日) ディベートベーシック講座 | トップページ | リーディングハイ に記事が掲載されました。 »