« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017.02.27

3月4日(土) 雑談力をつけるセミナー

初めての人とはうまく話が出来ない。
職場の話になかなか加われない。
商談先で打ち解けた話がなかなか出来ない。
上司と仕事以外の話をするのは苦手!

という方に!

Photo_2

人間関係をスムーズにするのは「雑談」です。
雑談」は職場の潤滑油!

人間関係をスムーズにします。
ビジネスではちょっとした雑談が、チャンスに結びついたりするものです。

でも、はじめて会う人と話をするのは苦手、
あまり親しくない人と雑談はできない
何を話をしていいのか分からない
ということも。

しかし、ちょっとしたコツを掴めば、
雑談」は、楽しく、気軽に、誰でもできるものです。
雑談の切っ掛けから、盛り上げ方、そして、話題の作り方まで
雑談のコツが満載です。

▼日時:

・2017年03月04日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年04月08日(土) 09:30~11:30 【大阪】

・2017年04月22日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年05月13日(土) 09:30~11:30 【福岡】 

・2017年05月27日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年06月10日(土) 09:30~11:30 【大阪】

・2017年07月08日(土) 09:30~11:30 【福岡】

▼会場:

■東京会場:東京・足立区 北千住 東京芸術センター 9階会議室

  ●北千住駅 西口より徒歩10分

Photo_3

■大阪会場:大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか 会議室

 ●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
      ●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
      ●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
      ●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

Photo_4

■福岡会場: アクロス福岡 会議室

 ●地下鉄空港線 天神駅16番出口すぐ

Map

▼こんな方にお奨めです
 雑談が出来ない
 はじめての人を前にすると気後れして話せない
 人間関係をよくしていきたい
 人とうまく会話が出来ない

▼内容
雑談
のコツを掴んで、楽しく雑談できるようになります。 

■雑談って何?
雑談とは
 雑談の効用

■雑談できない症候群
・いつ話せばいいのか
・何を話せばいいのか
・話題についていけない

■雑談のコツ
切っ掛けは――
話を広げる、ちょっとした言葉のコツ
思わず話を聞きたくなる応え方のコツ
知らずに話をしてしまう質問のコツ
つい話し込んでしまう聴き方のコツ

■話題はどうする
○○はネタの宝庫
話のネタ作り 基本編 応用編

●雑談をしてみよう
はじめてあった人と雑談をしてみよう

●定員:18名(定員になりしだい、締め切りになります)

●費用:3,000円(税込)

●講師

西部直樹 (全国教室ディベート連盟理事・日本ディベート協会会員)

1958年北海道生まれ。
広告制作会社、作家個人事務所を経て、研修教育関連会社に入社。
ディベート講師として、年間50回以上の研修を担当する。
94年に独立。
ディベート・プレゼンテーションなどのロジカルコミュニケーションスキル関連の研修と、
産業カウンセラーとして、メンタルヘルス関連の研修講師を務める。
論理と感情の両面に通じた研修事業を展開。
企業・公務員の研修講師を数多くつとめる
また、学校教育にも積極的に関わっている。
一昨年より朝活「コミュニケーション「力」UPカフェ会」を開催。
コミュニケーションに関する「雑談」をしています。
(有)N&Sラーニング代表取締役
全国教室ディベート連盟常任理事
産業カウン セラー
論理療法士
東京大学非常勤講師
お茶の水女子大学非常勤講師
金城学院大学非常勤講師
山形大学非常勤講師
東京都立つばさ総合高等学校非常勤講師
著書
「はじめてのディベート」
「ディベート入門講座」
「議論力が身につく技術」
「 実践ディベート研修」
「論理的な話し方が面白いほどできる本」 ・・・他

●申込み クレジットカード または コンビニ払いでお願いします。

・2017年03月04日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年04月08日(土) 09:30~11:30 【大阪】

・2017年04月22日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年05月13日(土) 09:30~11:30 【福岡】 

・2017年05月27日(土) 13:30~15:30 【東京】

・2017年06月10日(土) 09:30~11:30 【大阪】

・2017年07月08日(土) 09:30~11:30 【福岡】

―― N&Sラーニング ――

 研修・セミナー・講座などのご依頼、お問い合わせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、なんてこった、寝坊をした。授業ははじまっている!

545839fda1b5dea4e1c8b9fbbcb03114__2


目が覚めると、既に授業開始の時間だった。
まずい、かなりまずい!
ティームティーチングしている同僚に連絡しようと思うのだが、連絡先がわからない。
メールアドレスが出てこない。
しかも、彼からも「列車が遅れている」と連絡が来る。
寝坊をしてしまった旨を彼に伝えなくてはいけないのに、メールが送れない。


というところで、目が覚めた。
悪夢だった。
やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.26

初めての三島由紀夫 オフ

昨夜の三島由紀夫オフ
http://nands.way-nifty.com/booktalkoff/2017/02/post-285d.html
とても楽しかった。
本が好きな人たちと語り合うのは、至福の時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.24

工程表を作る!

仕事が輻輳し、時間もない、作業も膨大、やれやれの時どうするのか。
どのサイトで観たのか忘れたけど、(ごめんなさい)
Todoリストを作るのではなく、
工程表を作るのだ。
おお、そうか、工程表!
目的に向かって、目標を設定し、課題分割して
工程表を作る!
後回しにしたいことも、工程表に組み込めば、先延ばしとか、やり忘れとか、取りこぼしもなくなるな。
仕事に、カド番に希望が見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

春のお裾分け

春のお裾分けです。
河津桜が咲いていました。
春近し!


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.15

DIYで行こう!

DIYな一日
築15年余、我が家はメンテナンスの必要が出てきた。
一階のトイレが水漏れをするようになった。やれやれ。

修理の見積もりを何社かに頼んだ。
最低3万円、最高7万円まで価格に差が出た。
水漏れの原因は、15年あまり使い続けたウォシュレットと水洗タンクの部品の劣化にあるようだった。

春は物いり、給湯器が壊れたのでそれの交換もある。
娘が進学するので、制服を買わなくてはいけない、これがけっこうする、カバンも、体育着もジャージも、上履きもだ。勘弁してくれ。このままでは、本が買えなくなる。映画に行けなくなるではないか。

と、思い立ち、ウォシュレットや部品は、ホームセンターで買おう。自分で何とかするのだ。
Do It Yourself だ。

近くのホームセンターに行くと、廉価なウォシュレットがある。見積もりの半額だ。
部品はなくて、これは密林で買う。見積もりの1/8の価格だ。

ウォシュレットは、小一時間で交換できた。
劣化した水回りのパッキンを替えたら、あら不思議、水漏れは止まった。
どういうことなの?

ウォシュレット交換 17000円
タンク部品      1000円(送料込み)
パッキン       100円
計         18100円也
+馴れない作業でちょっと筋肉痛!

写真 上が旧→下が新品に!

Photo_4

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

日本が滅びる! これだけの理由 

少子化の要因の1つは、男子の肉化にあると思う。
立ち上がれ、頑張れ、日本男子(独身の)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

京都は寒い・「ご破算で願いましては

おはようございます。
京都は寒いです。
京都を巡ろうと思っているのですが、締め切りを乗り越えたらということで、一日こたつで過ごしそうです。

リーディング・ハイに記事が掲載されました。
梶よう子さんは、面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

それでも生きていけ

娘の受験、合否発表の日だった。
会場を後にして、近くの焼き肉・寿司食べ放題の店に行き、お腹いっぱい食べた。
腹がくちくなると、哀しみとか悔しさも少し和らぐような気がする。
それでも生きていく、まだまだ人生は長いのだから。
小学生が受験勉強をすることに賛否はあるが、一時、真剣に勉強に取り組むのは、いいことだと思う。
学ぶことでえられる果実があるのだから。


_20170209_161351


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

ギフトショーは2泊3日でないと、回りきれない

Dsc_1250_2

ギフト・ショー(東京ビッグサイト)にいってきました。
面白いモノが溢れていた。
東京ビッグサイト全館で開催! 一日では回りきれません……。

Dsc_1252_2

名入れせんべいとか片手で外せるクリップとかとか。

Dsc_1253

セミナー用専用ノートを作ろうかな。
最低ロットが50からというところがあって、心が揺れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世界の片隅に

しみじみとよい映画でした。
それでも生きていくのです。



Cinema_image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

クリスタルのキャンドルを灯してみたい!

極私的レポート LIFE×DESIGN&フランチャイズショー2017/2/1~3 東京ビッグサイト

Dsc_11702

それは、クリスタル、鉱物の水晶だと思った。
しかし、クリスタルの上に白い糸が出ていた。
それは、クリスタルになにか仕掛けをしているのかと思った。
しかし、クリスタルを触ってみると……

Dsc_11882

展示会は、情報の宝庫、見て回るだけでも楽しくて仕方がない。
時に出展者の方とお話をすると、また、

2月1日から開催されている LIFE×DESIGN展に行ってきた。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/life1invitation/

暮らし・デザイン・新時代 と銘打たれた展示会は、
ライフスタイルの提案から、商品・サービスまでの見本市だ。

半日かけてみた中から、気になった展示を。

■ボールの中に埋もれてみたい
白いボールプールの展示が目を惹く。
郊外のファーストフード店等にある遊戯施設、カラフルなボールが詰まったプールがあった。
子どもが小さかった頃は、ボールプールで、遊んだりした。
正直なところ、子どもを遊ばせながら、親も楽しんでいたのだ。
ボールプールに入ったときの浮遊感が楽しい。
その、大人用のボールプールである。
いや、楽しそう。
展示だけだったので、どこかで白いボールのプールにつかってみたい。

株式会社ハイ http://hi-japan.jp/?p=515

Dsc_11842

■揺られながら眠りたい
木洩れ日を広いながら、ゆらりと昼寝をしたい。
と思う。
優雅で平穏に眠れそうだ。
木洩れ日、ゆらりと揺れるといえば、ハンモックだ。
あまりハンモックで眠ったことはない。
だから、よけいに憧れるのである。
このハンモックが吊れるスペースが欲しい。

株式会社the Hammock https://www.the-hammock.com/

Dsc_11892

■旅に出たくなる足袋
地下足袋がブームらしい。
足の親指と他の指が別々に動かせるのがいいらしい。
職人さんが履くシンプルなものだけでなく、カラフルで
楽しい地下足袋がある。
これからは、地下足袋だな。
ビジネススーツにも合う地下足袋が欲しい!

株式会社丸五 http://www.marugo.ne.jp/index.html

Dsc_11912


■駄菓子屋さんですか?
「駄菓子を買うように買っていくからね、すぐなくなっちゃってね」
と、駄菓子屋の親爺さんのような人は言った。
確かに、駄菓子屋のように、色とりどりのアイテムが低廉な価格であったら、
まとめて買ってしまうよなあ。
端布で加工した小物がかわいい。
本業はジーンズメーカーとのこと。
生地は本物だ。

Betty Smith  http://www.betty.co.jp/index.html

Dsc_12372

■探しものは?
と、いう歌があったけど、鍵とかスマホとか、どこかにいってしまう。
時々、彼らは自ら逃亡をしているのではないのか、思うこともある。
さて、出かけようと思ったときに、ああ、鍵が~~ スマホが~~と探して
時間をロスしたことも一度ならず……。
そんなときこれがあれば、こたえてくれる。
スタイリッシュなところがいい。

株式会社美貴本 http://www.rakuten.ne.jp/gold/mikimotobeans/wistiki.html

Dsc_11952

■朝の香り、昼の匂い、夜の芳香
朝は爽やかな香りで気を引き締めたい
昼はゆったりとした匂いに包まれたい
夜は華やかな芳香を吸い込み、出かけたい
と、場面や気分によって匂いを変えて
アロマを楽しみたい。
レモングラスの香りをかぐとちょっと頭がスッと冴えるような気がする。
ラベンダーの香りで心を落ち着かせたいときもある。
アロマオイルを何本も持ち歩くのは……
なら、これはどうだろう。
カートリッジを組合せが自分でできたらもっといいのだが

AROMASTIC https://first-flight.sony.com/pj/aromastic

Dsc_11932

■これはなんだ!
電脳コイル?
なんだろうと展示ブースに寄ってみると、
これはアロマディフューザーらしい
可愛らしい。
スプリング専門のメーカーだという。
専門の技術を活かして、スプリング仕様の製品を展開しているという。
家では、このディフューザーがいいな。

遠州スプリング有限会社 http://enshu-spring.co.jp/

Dsc_12321_2

■これは……
銀のかんざし?
いやステンレスだ。
段ボールテーブル?
いやアルミだ。
職人の技が光っている。

三代目板金屋 https://www.bankin-ya.jp/

Dsc_11732_2

■手作り紐しおりを作ったけど、これの方がいい
本を読んでいて困るのが栞だ。
読みさしのページに栞を挟む。本を開いたらハラリと落ちてしまう。
電車の中だと、拾うのも少し恥ずかしい。
だから、本のカバーに紐しおりを自作取り付けをしている。
しかし、このカバーなら、栞を挟まなくても、紐しおりを付けなくても大丈夫。
これは、欲しいな。
新書版、四六判など全判型を作って欲しい!

柳沢ウーベンラベル株式会社 http://www.rakuten.co.jp/ywl-shop/

Dsc_12012_2

■心地よい見た目が音を運ぶ
一目惚れでした。
惚れたけど、持ち帰られないのが残念。
端正な佇まいに心惹かれる。
このスピーカーで静かに音楽を聴きたい。

宗七音響 http://so7.jp/products/model-216.html

Dsc_12062

■それはテーブルの上に置きたいと思った
余技というか、本業のプラスアルファで作った、というのはわかる。
メインではないけれど
注目はそこに集まるということも
このバッグがかわいい、カラフルだ。
テーブルの上に置いておきたい。

工具入れとして作ったそうだ。
デザイナーさんが手作りで作っているので、大量生産ができないらしい。
いや、これにスパナやモンキーレンチを入れて、テーブルの上に置きたい。

株式会社ロブテックス http://www.lobtex.co.jp/

Dsc_12292

■男性用のビジネスリュックが欲しいとリクエストした
ピッグスキン(豚皮)は、唯一国内自給できるものらしい。
他の国では豚の皮まで食べるので、素材として残らないらしいのだ。
その豚革の製品群は多様で、洗える革とか、強力な撥水機能を持ったモノとか、
いろいろだ。
是非、撥水機能付き大型ビジネスリュックを作って欲しい。

三恵産業株式会社 http://sankei-sangyo.com/

Dsc_11992

■シンプルにそれだけというのもいい

普段しないモノだけど、これは付けてみたい。
カナダ産の木材を使っていたり、コンクリートだったり、
ちょっと面白い
ボータイ専門

BO http://getyourbo.com/

Dsc_12282

■クリスタルが灯る?

それで、会場を回っていたら、不思議な光景を目にした。
クリスタルが蝋燭なのだ。

近くで触ってみると、柔らかい、一見クリスタル。
お菓子、ケーキも。

これは楽しい。
手作りだから出せる味わいがある。

ハンドメイドキャンドリー https://www.candly.info/

Dsc_12122

東京ビッグサイトでは、他の展示会もあった。

フランチャイズショー2017だ。

あの店も、この店もフランチャイズだったのかあ。
という驚きがあった。

Dsc_12182_2

何より、ここに目が釘付けになったけれど。

Kansai Collection https://kansai-collection-e.co.jp/

Dsc_12202

展示会は情報の宝庫
見逃せないです。

インスタグラムの動画もどうぞ
https://www.instagram.com/naoki.nishibe/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月12日(日) 女性作家を語ろう オフ

読書会を始めて二十年以上が経ちます。
とにかく本の話がしたかった。そこからはじまり、細々と続けています。
最近、手に取る本の作者が女性だった。ということが多くなりました。
特に意識しているわけではないのですが、いつの間にか。
今読んでいるのも恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」です。その前は小松エメルさんだった。
そんなこんなで、女性作家を語るオフを開催します。
日本の女性作家について、いろいろと語りましょう。
え~と、このオフ会は居酒屋で開催です。
酒杯を傾けながら、語りたい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月の公開講座です

7e8d45296915a250bfb35d835beb4799_m

2月の公開講座です。
大阪と東京で開催します。
春に備えて、この時期にしっかりと基礎を。
全5講座です。

---------------------------------------------------------------------------

●雑談のコツを2時間で、雑談が苦手という方に
・【大阪】2月18日(土) 雑談力をつけるセミナー
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/0189a9ycygbc.html

●プレゼンの基本を、考えて・組み立てる、基本の「き」です
・【大阪】2月18日(土) ロジカルプレゼンテーション・ベーシック講座
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/01b9hmycyme2.html

●ロジカルなコミュニケーションスキルの練習に、考える、伝える
     理解する、判断する……ディベートはスキルの宝庫
・【大阪】2月19日(日) ディベート・ベーシック講座
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/019cenycymj6.html

●プレゼンの基本を、考えて・組み立てる、基本の「き」です
・【東京】2月25日(土) ロジカルプレゼンテーション・ベーシック講座
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/0150pgyje6zb.html

●ロジカルなコミュニケーションスキルの練習に、考える、伝える
     理解する、判断する……ディベートはスキルの宝庫
・【東京】2月26日(日) ディベート・ベーシック講座
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/014uk0yje7ag.html

---------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月の本棚

1月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:3743
ナイス数:19

カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:01月01日 著者:西 炯子
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
読了日:01月06日 著者:ピーター トライアス
墨田区吾嬬町発ブラックホール行き墨田区吾嬬町発ブラックホール行き感想
お仕事小説は、成長物語である。
読了日:01月09日 著者:上野 歩
剣と紅剣と紅
読了日:01月19日 著者:高殿 円
仮面の告白 (1950年) (新潮文庫)仮面の告白 (1950年) (新潮文庫)感想
この歳で読んで良かったと思う
読了日:01月21日 著者:三島 由紀夫
秘拳水滸伝〈1〉如来降臨篇 (ハルキ文庫)秘拳水滸伝〈1〉如来降臨篇 (ハルキ文庫)
読了日:01月23日 著者:今野 敏
リンクスIII - Crimson (中公文庫)リンクスIII - Crimson (中公文庫)感想
読んで、スッキリ!
読了日:01月23日 著者:矢月 秀作
亀の鳴く声 (フラワーコミックス)亀の鳴く声 (フラワーコミックス)感想
全十巻くらいで読みたかった。
読了日:01月26日 著者:西 炯子
ご破算で願いましては: みとや・お瑛仕入帖ご破算で願いましては: みとや・お瑛仕入帖
読了日:01月26日 著者:梶 よう子
三面記事小説 (文春文庫)三面記事小説 (文春文庫)感想
ちょっと重苦しい
読了日:01月26日 著者:角田 光代
トリガール! (角川文庫)トリガール! (角川文庫)感想
飛ぶ! 熱い青春だな。読んでいて熱くなりました。
読了日:01月27日 著者:中村 航
いかさま (実業之日本社文庫)いかさま (実業之日本社文庫)感想
スカッとして、でも切ないな
読了日:01月27日 著者:矢月 秀作
(P[こ]3-1)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:01月31日 著者:小松 エメル

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

腕の傷は……

昨日、付けた腕の傷?
ここ数日、買い求めた本たち。
いま、小松エメルと今野敏、そして梶よう子がわたしの旬です。
腕の包帯は、献血です。
血液検査で簡易健康診断を兼ねて。
血圧は正常でした。
本を買うのは……。

娘が受験中、何もできないのが歯がゆいです。

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »