« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017.08.18

当たってしまった

当たってしまった。
劇場鑑賞券2枚。
娘も息子も観にいかないという。
もちろん妻もだ。
なんで応募したのか覚えていないけど、せっかくなので、観にいこう。


Dsc_1933_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神年齢

喜んでいいのか、哀しいのか、情けないのか……

人間には実年齢以外にも様々な年齢が存在します。この診断ではあなたの精神年齢について具体的に何歳レベルなのかを大診断!!!
SHINDAN-APPS.NET

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.16

書くことの効用

文章を書くことの効果は、ますます実感するところです。

天狼院書店のライティングゼミに参加して、定期的に文章を書くようなった。確かにいろいろと効果があります。「心理学研究でわかった「定期的に文章を書く」ことの効用 」| ライフハッカー[日本版] https://t.co/pXe1YRAfBT @lifehackerjapanさんから

物書きというと、どこかの小屋に引きこもり、背中を丸めて机に向かう変わり者、と...
LIFEHACKER.JP/2016/08/160814…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

今日はカラオケ

今日は、家族とカラオケデー。
4人で10時間歌いまくった。
あと10時間欲しい!

Dsc_1921

10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

8月19日(土) 1日でコミュニケーションスキルを!1dayディベート集中セミナー

 

2

ビジネスに必須のロジカルなコミュニケーション能力を鍛えます。
ディベートは論理的思考力、論理的コミュニケーションスキルを鍛えるのに、最適の方法です。

6aa4a4183b406ba230b8fef3fd072e6f_m



■コミュニケーションスキルは仕事の基本です。

         

どんな素晴らしい企画、アイディアも、他の人が納得してくれなくては、実現できません。

相手に納得してもらうには、自分の説明が、わかりやすくなければなりません。
わかりやすさとは、聴き手が「理解」でき、そして「検証」に耐えられることです。

聴き手が理解できなければ、そもそも納得はできません。
わかりやすく、理解できるように説明できるスキルが必要です。
聴き手の「どうして、そうなのか?」の疑問「検証」に耐えうる内容でなくてはいけません。

わかりやすく、「なるほど」と思わせる内容が必要です。
理解と検証がわかりやすさのポイントです。
話がわかりやすければ、聴き手は納得するのです。

話をわかりやすく、理解と検証に耐えうるものにするための訓練がディベートです。 


■ ディベートは、

         
一つのテーマについて考え、
意見を述べ、
相手の意見について検討し、
相互にやり取りしていきます。
このやり取りを第三者が判断します。

訓練を通して納得力の基本、論理的に考える能力、コミュニケーション能力が鍛えられていきます。

■ フィードバックがすべて

         
ディベートの訓練では、フィードバックされることでスキルアップしてゆきます。
自分が述べたこと、相手の主張、やり取りはどうだったのか

自分は論理的で分かりやすく、聴き手が理解できるように述べていたのか?
相手の主張を的確に把握していたのか?
やり取りは論点を外さず、的確だったのか?
相手からの検証に耐えうる内容になっていたのか?

これらのことが気になります。
ディベート入門講座では、演習の模様を
講師が詳細にフィードバックをします。
個々の発言を再現し、論理的だったのか、的確な対応だったのか、
さらに、どのようにすれば、更なる向上ができるのか を説明します。              

  ■ セミナー概要 ■

 [日  時] 各日09:30~16:40 

・【東京】08月19日(土)

・【大阪】08月26日(土)

・【福岡】09月03日(日)

・【東京】09月09日(土)

・【大阪】10月14日(土)

・【東京】10月29日(日)

・【福岡】11月11日(土)

・【東京】11月18日(土)

・【大阪】12月02日(土)

[開催場所]
■東京会場:
東京芸術センター 9階会議室
      東京・足立区 北千住 
      ●北千住駅 西口より徒歩10分

Photo

■大阪会場:エル・おおさか 会議室
      大阪市中央区北浜東3-14 
      ●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
      ●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
      ●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
      ●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

Photo_2

■福岡会場:アクロス福岡  会議室
 福岡市中央区天神1-1-1
      ●地下鉄空港線 天神駅16番出口すぐ


Map

 
▼定員 各回 8名(定員になりしだい、締め切りになります)

▼費用
 1回 16,660円(税込 早期申込割引有り)

▼対象・・・こんな方にお奨めです

●ディベートがはじめての方
つい相手のペースに乗ってしまって、言いたいことが言えない、と思っている方
ロジカルシンキングやプレゼンテーション能力を鍛えたいと思っている方
ディベート研修を考えている企業研修担当の方
 
▼内容

ディベートで、ロジカルコミュニケーションのポイントを体験します。
経験豊かな講師が、納得力の基本、論理的思考・プレゼンテーションスキル・傾聴の方法など、議論の技術についてわかりやすく説明します。
そして簡単なディベートの体験をします。
実際にディベートをすることで、論理的思考能力、論理的コミュニケーションスキルについて体験的に習得することができます。
 
 
プログラム
・セミナーについて説明
 セミナーの進行などを説明します。

・自己紹介
 参加の方に自己紹介をしていただきます。
 ディベートの演習はグループを作ります。
 お互いを知る時間になります。

・シナリオディベート体験
 ディベートを体験します。
 シナリオ(台詞ができあがっているもの)を使って、
 実際のディベートを体験し、ディベートの概要を掴みます。

・ロジカルシンキングの基本
 論理的に考え、アイディア等を整理するポイントを説明します。
 考える要素、主張、データ、理由付、条件、限定の要素を解説します。

・プレゼンテーションの基本
 プレゼンテーションの基本、表現の三原則を説明します。
 表現の三原則は、なぜわかりやすくなるのか、人の心理を解説します。
 表現の三原則から、より具体的にプレゼンテーションの基本構成を説明します。
 簡単なプレゼンテーションの演習をして、理解を深めます。

・ディベートとは、なにか
 ディベートの概説をします。
 ディベートの仕組みなどを理解していきます。

・ディベートの方法
 ディベートのやり方を説明します。
 プレゼンテーション(立論・反駁)
 議論に対する質問(反対尋問)、
 議論の検証(反駁)の方法について理解を深めます。

・ディベートの準備
 ディベートの準備の方法(リンクマップ技法など)を解説します。
 参加者同士グループを組んで、一つのテーマについて議論を準備します。
(テーマや資料はこちらで用意します)

・ディベートの試合
 実際にディベートをします。
 試合形式の演習をします。
 演習を通して、コミュニケーションスキルを実際に試します。

※ 参加の方には、事前にディベート試合の資料をお送りします。
  資料を読み、ご参加下さい。
  資料の送付は、開催の約1週間前です

講師:西部直樹(N&Sラーニング代表)

Ok0127_683x1024_534x800


1958年北海道生まれ。
広告制作会社、作家個人事務所を経て、研修教育関連会社に入社。
ディベート講師として、年間50回以上の研修を担当する。
94年に独立。
ディベート・プレゼンテーションなどのロジカルコミュニケーションスキル関連の研修と、
産業カウンセラーとして、メンタルヘルス関連の研修講師を務める。
論理と感情の両面に通じた研修事業を展開。
企業・公務員の研修講師を数多くつとめる
また、学校教育にも積極的に関わっている。

(有)N&Sラーニング代表取締役
全国教室ディベート連盟常任理事
産業カウン セラー
論理療法士

2001年 金城学院大学非常勤講師
2001年 芝浦工業大学非常勤講師
2005年 お茶の水女子大学非常勤講師
2006年 東京大学非常勤講師
2010年 山形大学非常勤講師

現在  東京都立つばさ総合高等学校非常勤講師

著書
 「はじめてのディベート」
 「ディベート入門講座」
 「議論力が身につく技術」
 「 実践ディベート研修」
 「1分間相手をやり込める技術」 ・・・他

■お申込■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

2017年ディベート甲子園最終日

ディベート甲子園 
本日は最終日

 abemaTVFRESH!
で視聴できます。

本日 11:20 - 12:00
第22回ディベート甲子園 中学決勝

13:30 - 14:20
第22回ディベート甲子園 高校決勝

20621811_1521041791286196_7365939_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »