« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.29

仲間入りした本たち

 

最近、本棚に仲間入りした本たち

ブックトークオフ(読書会)で、放出された本を主催にもかかわらずじゃんけんで勝って、いただいた。ありがとうございます。

「死にがいを求めて生きているの」
「森瑤子の帽子」

Img_1953


残り数ページを読み残して紛失してしまった「屍人荘の殺人」。
心優しい友人が「家に二冊あるから」といって渡して下さいました。ありがとう。

 

Img_1952

 

昨日不忍ストリート一箱古本市で手に入れた

「あくびノオト」「青春ふたり乗り」
買い上げるとその本屋さんは「あくびノオト」の一節を朗読して下さいました。
朗読付きの古本屋さんは、はじめてでした。

Img_1954

| | コメント (0)

2019.04.17

川口で「雑談力」

昨日は、川口市内で「雑談力」の研修でした。受講された方からは好評だったようで、ひと安心です。
本日は、両国の私学でディベート授業の参観です。今年の学年は少し温和しめで、真面目です。


まだ説明の段階ですが、これからどんなディベートをしてくれるのか、楽しみです。

 

Img_1895

| | コメント (0)

2019.04.15

本日は、メンタルタフネスの授業

おはようございます。
本日、午後9時から生放送です。
お時間がありましたら、ご覧頂けたら、幸いです。

 

 

4_1

| | コメント (0)

2019.04.09

2019年、本屋大賞、予想

2019年、本屋大賞候補作を全作読みました。本日発表予定の大賞を予想。 

う~~ん、と。 

●本命 
『ひと』小野寺史宜(著)祥伝社 

■対抗 
『愛なき世界』三浦しをん(著)中央公論新社 

○願望 
『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ(著)文藝春秋 

「ひと」は、大好きです。「青が散る」「横道世之介」に続く、青春文学の至高だと思う。 

「愛なき世界」を読むと、本郷の赤門の向こうにいってみたくなる。その一途な愛に心が震えた。 

「そして、バトンは渡された」は、いい。兎にも角にもいい。いい人に溢れた物語には癒される。とってほしい。 

ということで、今夜が楽しみです。 

 

Img_1879

| | コメント (0)

「Schoo読書部 -読書習慣を作り、分かりやすくロジカルに伝える練習をしよう-『曽呂利 秀吉を手玉に取った男』を読む」

おはようございます。
今日は、
「Schoo読書部 -読書習慣を作り、分かりやすくロジカルに伝える練習をしよう-『曽呂利 秀吉を手玉に取った男』を読む」
です。21時から、生放送です。
お時間がありましたら、PC、スマホから受講可能です。生放送なら無料です。
読書習慣とプレゼンスキルのUPです。

| | コメント (0)

2019.04.05

鼻水出しながら打ち合わせ終了

打ち合わせ週間終了。
最後は、テキスト作成のこと。
今までにない方法で、いろいろとやってみます。
と、打ち合わせ中に鼻水が……。
花粉症の症状が今日は特に凄かった。ハンカチがしっとりするほどに。薬も効かず。やれやれ。
帰宅後は、花粉症のせいか猛烈な眠気が……。2時間ほど昼寝をしてしまった。
いろいろテキスト等は、週末につくります。
各方面に、それとなく。

| | コメント (0)

2019.04.03

頑張れ、我が胃よ!

胃カメラを飲みました。辛かった……。鼻から入れます、といわれたのですが、鼻の奥が細いらしくうまく入らなかった、激痛かった……。しかたなく、口から、えずきながら飲み込みましたよ。
278808
終了後、「かなり悪いですね」とのひと言が……。
担当医からは「幽門が狭く昨日の食事がまだのこってますね。潰瘍がありますね」とのこと。
080079
胃潰瘍の薬を飲み、その後にピロリ菌除去の薬を飲むことに。その後はどうなることか。
頑張れ、我が胃!
282398

| | コメント (0)

2019.04.02

ドラマ「ストレイン」ははまります

昨日は息子の社会人1日目。入社式と会社の説明しかなかったのだが、いつもは夜遅くまで起きているのに、ずいぶん早く寝てしまった。
疲れていたのだろう。まあ、頑張って欲しい。


今週は、打ち合わせと胃カメラウィーク。今日の午後九時以降は食事は禁止、辛いです。
今月は比較的余裕があると思っていたら、テキストを数冊作らなくてはならず、ちょっと焦っています。

そんなとき、HULUのドラマ「ストレイン」にはまってしまった。もう、毎日2~3話見ています。やれやれ。

八重洲で打ち合わせ、八重洲界隈の桜が綺麗でした。

190402

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »