« 風に濡れた女 | トップページ | 休日の昼食は涙味 »

2021.05.05

朗読を楽しむ


朗読を楽しむ
4104594_m

「キートン山田さんに似てますよ」
「え、そうですかぁ…… 『と思うまる子であった』」
「似てる~~!」
少し頬を赤らめるオーバー還暦のおじさん……。

連休の後半、朗読ワークショップに参加した。
2時間ほど、オンラインのワークショップだった。

腹式呼吸、発声、などの基本を学び、「枕草子」を朗読し、ショートショートを読んだ。
2時間余りが、あっという間だった。

参加者で交代に読んだり、役割分担をしてみたり。
その中で、ショートショートの地の文を読んだとき、講師の方から言われたのである。
いままで、「あなた、トム・クルーズにそっくりね、目と鼻と耳と口の数が」(妻談)と言われたことはあるが、キートン山田さんははじめてである。
「ちびまる子ちゃん」のナレーションを担当されていた。朴訥でとぼけた味わいのあるナレーションだったなあ。
嬉しい!

わたしは、褒められると伸びたいタイプなのである。

ひっそりとClubhouseで開催している自著の音読と短い小説の音読読書会、これを「朗読」と改め、ひっそりと続けていこう。

トム・クルーズに顔のパーツの数が同じで、キートン山田風ナレーションができるかも知れない私の朗読会は
Clubhouseで「西部直樹」を検索して、フォローしてください。
開催のお知らせが届きます。

こもりんこと湖森 章月さん、ありがとうございました。

|

« 風に濡れた女 | トップページ | 休日の昼食は涙味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風に濡れた女 | トップページ | 休日の昼食は涙味 »