« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022.03.21

PowerPoint タイマー

このコロナ禍で、研修やセミナーがオンライン化して、少しだけ困ったことがあった。

タイマーをどうするかだ。

時間を計る、主にカウントダウンするタイマー、減算タイマーである。

ディベートやプレゼンテーションの研修では、必ず使っている。
ディベートの各パート、プレゼンテーションの残り時間を知らせるのに必須だ。

対面の研修であれば、手元にキッチンタイマーを置いて使うことができた。
オンラインでは手元のタイマーでは使い勝手がよくない。

Windowsのアラーム&クロックもよいのだが、PowerPointと同時に表示できない。
PowerPoint内に取り込むタイマーがあればと思っていた。

が、しかし、調べてみるとPowerPointのアニメーション機能を使って、簡易なタイマーが作れるのである。

参考:パワポ内にタイマーを設置できたら便利じゃないですか-初心者でも簡単に作れます-
https://www.youtube.com/watch?v=tPV8-hH27_4

なんてこった、コロンブスの卵 だった。

まだまだ勉強が足りないな、と反省しきりである。

オンラインでの研修・セミナーに表示も簡単、ブレイクアウトセッションでもタイマーと同時に指示も表示できる。
やれやれである。

 

簡単なディベート用タイマー(ディベート甲子園中学フォーマット編)を作ってみた。
参考までに、ダウンロード後 PowerPointで動作確認してみてください。

ダウンロード - e38387e382a3e38399e383bce38388e794b2e5ad90e59c92e38080e4b8ade5ada6e38080e382bfe382a4e3839ee383bc.pptx

 

| | コメント (0)

2022.03.20

「やまなし」と「烏の北斗七星」

Img_2653

本日は、子供たちが所属していた(息子はまだ入っている)「葛飾ものがたり文化の会」の発表会を観覧。
演目は「やまなし」 これは何度読んでも、劇を見ても「ヤマ」はないなあ、と思う。宮沢賢治のある種の不条理さが、人を魅了するのかもしれない。
もう一つは楢の木会が演じる「烏の北斗七星」期せずして今の世界情勢にふさわしい物語だった。

ものがたり文化の会(http://monobun.org/~monobun/top/index.html)

 

#ものがたり文化の会 #葛飾ものがたり文化の会 #宮沢賢治 #人体交響劇

| | コメント (0)

2022.03.13

オンラインセミナーを開催しました。

昨日は、オンラインセミナーをふたつ「入門ディベートスキル」と「ロジカルシンキングの基礎」の短時間版を開催しました。

オンラインのセミナーでは、全国から参加者がいるのがありがたいですね。
昨日も関西・中部と東京圏以外からの参加がありました。
たまに、東南アジアやヨーロッパからの参加もあり、オンラインの移動の制約がないことの良さを実感しています。

「日常的に行っている議論について改めてその構造を勉強することができました」「今さらながら多くの気づきがあり、大変勉強になりました」との感想もらい、充実したオンラインセミナーでした。

ただ、対面の良さも捨てがたく、かといってハイブリッド(対面とオンラインの同時開催)は難しく、身がひとつなので、なかなか悩ましいところです。

 

Photo_20220313172802
Photo_20220313172801

| | コメント (0)

2022.03.06

展示会・学会

3年ぶりに展示会へ。
久しぶりの展示会、紙のパンフが激減していた。
展示会場を一巡りすると手提げ袋いっぱいになるほどのパンフが配られていたのに。
SoftBankはバーコードを読み、のちにPDFで送られてくる。
なかなかスマート。

土日は、第8回ディベート教育国際研究会大会にオンラインで参加中。
いい刺激をもらえています。

#展示会 #SoftBank #ディベート教育国際研究会 #ディベート #学会

Photo_20220306153401

| | コメント (0)

2022.03.02

筆談ディベート授業

今日で某中学校の今年度のディベート授業は終了。
授業はチーム・ティーチングで、わたしはのアドバイザーの立場だ。
一年間、このコロナ禍で口頭で、グループ対抗でディベートすることができなかった。
代替として1対1の筆談ディベートに終始した。
準備から試合まで、1人ですることは、個々のスキルアップに繋がったと思う。

写真は筆談ディベートの例 内容はわからないようにぼかしてます。

#ディベート #ディベート授業 #筆談ディベート #スキルアップ #今年度終了

 

Photo_20220302102501

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »