ディベート

2017.03.01

ディベートの季節がはじまる!

今年もディベート甲子園の季節がはじまりましたね。
今年の論題は、面白い!
今日は、某私学中学で、この論題で春大会の準備をします。


2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

ディベート授業 三昧の日々

おはようございます。
今日の岡山は晴れです。
午後には都内の私学でディベート授業計画の検討です。


16298727_1385217138212662_565850018


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.26

今日もディベートの授業です。

おはようございます。
これから岡山です。
高校でディベートの授業をしてきます。
1学年一斉です。
今年度2回目の授業、楽しみです。

Img_20170126_062346_269


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

嬉しいお知らせ

おはようございます。
昨日は、嬉しいお知らせが来ました。
「はじめてのディベート」、
はじめの単著、初版が1998年です。

Photo_2


18年も細々ながら売れ続けています。
嬉しいです。
過日、知り合いの大学教授から、授業のテキストに使います、との連絡もありました。
増刷が毎年、いや年二回、できれば隔月くらいであるとさらに幸せなのですが……。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.05

明日、8月6日から ディベート甲子園開幕

明日から、ディベート甲子園開幕です。
開会式、中学、高校の決勝の模様は、
abemafreshTVで、見ることができます。

いやあ、便利になりました。

是非、中学生・高校生の熱い議論をご覧下さい。

Tv



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.18

20日(水)締切 第2回 ディベートスキル基礎セミナー

公開セミナーの講師をつとめます。

Images_3

----------------------------------------------------------------
20日(水)締切 第2回 ディベートスキル基礎セミナー  
----------------------------------------------------------------
申込は、下記のページから
http://seminar.jpc-net.jp/detail/mhr/seminar007772.html

----------------------------------------------------------------
開催日程 2016/2/4(木) 通い1日 9:30~17:30
講師     知の技術研究開発センター 主席講師 西部 直樹 

Ok0127_683x1024_534x800


会場    日本生産性本部(東京都渋谷区) 他
参加料   賛助会員:32,400円(税込)
       一般参加:35,640円(税込)
       うち食事代1,620円
----------------------------------------------------------------

【目的】

1.業務上のコミュニケーションに役立つディベート手法の基本を学びます。
2.瞬時に行うコミュニケーションのやり取り(聴く~考える~伝える)のコツを身に付けます。
3.論理的に分かりやすく伝えることと共に、相手の意見を検証するための傾聴力と分析力、冷静な判断力を学習することができます。

【プログラム内容】
9:30開始

1.ディベート概説
 ・議論の構造とは
  <演習>自身のディスカッション能力を知る
  <演習>議論の構造分析
 ・ディベートの構造

2.ディベートの流れ
 ・論を立てるポイント(立論)
 ・質問のポイント(反対尋問)
 ・反論のポイント(反駁)
 ・判定、判断のポイント(審査)

3.プレゼンテーション技法
 ・論理的な伝え方
  <演習>シナリオディベート

4.ディベート演習
   (3~5人で1チーム)
  <演習>議論の準備
       *身近な論題で行います
  <演習>ディベート試合1
  <演習>ディベート試合2
 ・講師からのフィードバック

5.振り返り・まとめ

17:30終了
----------------------------------------------------------------
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
カウンセリング・マネジメントセンター(HMC内) 
TEL:03-3409-2665 FAX:03-3797-7214
----------------------------------------------------------------
http://seminar.jpc-net.jp/detail/mhr/seminar007772.html
----------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

中高生向け ロジカルシンキング・プレゼンテーション&ディベートセミナー

今月後半、2週にわたって、下記の講座で講師を務めます。
社会人も参加できます。
お近くの方は、ご参加下さい。

A41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.09

週末に鍛えよう――プレゼン力と議論力――

92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s

今でもうなされる夢がある。

ある会社のビル、仕事で行っているのだが、なかなか進まなくてトイレに籠もっている。
いつまでもトイレから出られない。

そんな夢だ。

社会人になって入った会社で、営業をしていた。
相手先の会社に出向き、様々な部署を回り、資料を取ってくるという簡単な仕事だった。

様々な部署に出向き、説明し、出し渋るところとは折衝して集めてくるのだ。これが辛かった。

説明がうまくできない、折衝が下手だった。
後輩が楽々とこなしているのをみながら、トイレに籠もってやり過ごしていたりしたのだ。

あの頃、プレゼンのやり方やちょっとした議論の方法を知っていたなら、もう少し楽だったろう、と思う。

新入社員の時の研修では、電話の受け答え(これはこれでとても大切なスキルだ)と、先輩社員の苦労話(それはそれで楽しかった)くらいしか覚えていない。

プレゼンの練習も、ましてディベートなどなかったのである。

説明の仕方、議論の仕方で悩んでいるなら、その基本を知るだけでも、仕事が少し楽になるのです。


88b0ef98c88eefef697b8beb1adddfb0_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.08

10月11日(日) ディベート・オープン・スペース 月例勉強会

酸っぱい葡萄にしないために――

イソップ寓話に、高いところにある葡萄をとれなかった狐が「あの葡萄は酸っぱいのだ、誰が食べるものか」といって去っていった、というお話がある。

7012d15a1c209198c036907e72a8796a_s

負け惜しみとか合理化の例として用いられるお話だ。
ビジネススキルの獲得も、時としてこの「酸っぱい葡萄」化することがある。

技術の習得は、残念なことに一朝一夕では身につかない。語学の修得と同じように。地道に練習を積み重ねるしかない。

しかし、この地道な練習が辛い。何度も繰り返し、振り返り、修正を繰り返していく。練習を厭わなかったものだけが、スキルの獲得という果実を得る。

練習しないでいて、身につかない、わからない、難しい、使えないと嘆くのは、「酸っぱい葡萄」化しているに過ぎない。

ディベートをすることで身につくスキルは、ビジネスの知的基礎体力にあたるものばかりだ。
しかし、練習しないと身につかない。

では、どこで練習すればいいのだろう?

その練習の場が「ディベート・オープン・スペース―DOS―」です。

Dsc09518

今月10月の勉強会は、ディベートをするテーマ「論題」を決めるところからはじめます。
ディベートの最初から練習できます。

10月11日(日) ディベート・オープン・スペース 月例勉強会
13時~
東京芸術センター 9階会議室にて
参加費:1000円

参加申込は パスマーケットで参加費(会場費等負担分)を事前に決済するのが便利です。
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/01p343xs8b8s.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.10

国際文具展にて――ディベーター 必携のペンを見つける ――

国際文具展に行ってきました。

Img_20150709_160602_2

いやあ、もう興奮でしたね。文具好きにはたまらないです。

その中で、ディベーター必携の筆記具を発見!

黒と赤が同時に出て、反転させれば、瞬時に色を変えられる!

色の組合せは、他にもある。

もう、これで、フローシートをとるのも楽々です。

Img_20150709_224937

他にも、途中のページの着脱が楽々と出来るルーズリーフノートとか、
書き味の素晴らしい紙とか、とか。

もっとゆっくりと行きたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧