書籍・雑誌

2017.03.16

そして、見知らぬ天井を見上げることになった

4ヶ月前、この状況になるとは、もちろん思っていなかった。
どんな状況なのか、そして、それは……
ご一読下さい。
フィクションです。
天狼院書店サイトに掲載されました。
お目汚しに、お休み前のひと時に、ご笑覧いただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

日本が滅びる! これだけの理由 

少子化の要因の1つは、男子の肉化にあると思う。
立ち上がれ、頑張れ、日本男子(独身の)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

京都は寒い・「ご破算で願いましては

おはようございます。
京都は寒いです。
京都を巡ろうと思っているのですが、締め切りを乗り越えたらということで、一日こたつで過ごしそうです。

リーディング・ハイに記事が掲載されました。
梶よう子さんは、面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

2月12日(日) 女性作家を語ろう オフ

読書会を始めて二十年以上が経ちます。
とにかく本の話がしたかった。そこからはじまり、細々と続けています。
最近、手に取る本の作者が女性だった。ということが多くなりました。
特に意識しているわけではないのですが、いつの間にか。
今読んでいるのも恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」です。その前は小松エメルさんだった。
そんなこんなで、女性作家を語るオフを開催します。
日本の女性作家について、いろいろと語りましょう。
え~と、このオフ会は居酒屋で開催です。
酒杯を傾けながら、語りたい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月の本棚

1月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:3743
ナイス数:19

カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)カツカレーの日 2 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:01月01日 著者:西 炯子
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
読了日:01月06日 著者:ピーター トライアス
墨田区吾嬬町発ブラックホール行き墨田区吾嬬町発ブラックホール行き感想
お仕事小説は、成長物語である。
読了日:01月09日 著者:上野 歩
剣と紅剣と紅
読了日:01月19日 著者:高殿 円
仮面の告白 (1950年) (新潮文庫)仮面の告白 (1950年) (新潮文庫)感想
この歳で読んで良かったと思う
読了日:01月21日 著者:三島 由紀夫
秘拳水滸伝〈1〉如来降臨篇 (ハルキ文庫)秘拳水滸伝〈1〉如来降臨篇 (ハルキ文庫)
読了日:01月23日 著者:今野 敏
リンクスIII - Crimson (中公文庫)リンクスIII - Crimson (中公文庫)感想
読んで、スッキリ!
読了日:01月23日 著者:矢月 秀作
亀の鳴く声 (フラワーコミックス)亀の鳴く声 (フラワーコミックス)感想
全十巻くらいで読みたかった。
読了日:01月26日 著者:西 炯子
ご破算で願いましては: みとや・お瑛仕入帖ご破算で願いましては: みとや・お瑛仕入帖
読了日:01月26日 著者:梶 よう子
三面記事小説 (文春文庫)三面記事小説 (文春文庫)感想
ちょっと重苦しい
読了日:01月26日 著者:角田 光代
トリガール! (角川文庫)トリガール! (角川文庫)感想
飛ぶ! 熱い青春だな。読んでいて熱くなりました。
読了日:01月27日 著者:中村 航
いかさま (実業之日本社文庫)いかさま (実業之日本社文庫)感想
スカッとして、でも切ないな
読了日:01月27日 著者:矢月 秀作
(P[こ]3-1)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:01月31日 著者:小松 エメル

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

たべるのがおそい にカバーを掛ける

昨夜の工作

書肆侃侃房さんが出している文学ムック「たべるのがおそい」が、あまりに面白い。
持ち歩きで汚れないように、カバーを作成。
いつものようにスピン(紐しおり)も付けた。
VOL1は、韓国で買ってきた包装紙で、
VOL2は、倉敷の古書店蟲(虫が三つ)文庫さんの袋を使った。

Dsc_0977


この文学ムックは、とっても面白い。
多彩な作家たちの作品が読めて、しかも、ほとんどが読み切り。
文芸誌の連載ものを読むのは辛い、一ヶ月空くと前のを忘れてしまうから。
だから、あまり読まない。文芸誌は読まない。

となるのだが、
読み切りなら、読める。
適度な厚みが持ち歩きに最適。
作業時間、約20分(半分はボンドが乾くのを待っていた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

来週、彼女に会えるということ

おはようございます。
今年も終わり、日付が変わるだけで、何かがあるわけではないのに、何か心浮き立つ年末です。
今日も大掃除、やれやれ。

天狼院書店サイトに、掲載されました。
掌小説です。ご一読いただけたら、幸いです。
ちょっと、エロいです……。

来週、彼女に会えるということ 《プロフェッショナル・ゼミ》


3d7edf5e20506fd8663c8752919072c3_m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.25

なかは野原か公園のようなものだ――ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?《リーディング・ハイ》

天狼院書店サイトに掲載していただきました。
ある読書会で紹介された本です。
この本を知らなかった自らの不明を恥じています。
ご一読あれ!

Dsc_0933_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.20

リーディングハイ に記事が掲載されました。

今村夏子さんの「あひる」について書いた記事が、天狼院書店サイトに掲載されました。


Dsc_0919_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.06

コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.105

月刊「コミュニケーション力 スキルアップマガジン    No.105」を本日午後9時に発行します。

お申し込みは
コミュニケーション力 スキルアップマガジン申込ページ
http://www.nands.net/contents/kyoutuu/magazine/
からお願いします。

今号のラインナップ!
発行している本人が言うのですが、これは素晴らしいです。
読まないのは、もったいない!

----------------------------------------------------------------
コミュニケーション力 スキルアップマガジン    No.105


━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ スキルアップのための速読あれこれ(37)
   「速読講習の成り立ち」         今村 洋一■■

■■ 一匹と一編の物語 アカマツカサ    わたなべみさと■■

■■ 30年経っても忘れられないクリスマスの贈り物
                       木村 保絵■■

■■ アサーティブでいこう! 
率直になれないのは、思い込みのせい?     西部 直樹■■

■■ 公開講座 ご案内 ■■
----------------------------------------------------------------
以下は、本文で
http://www.nands.net/contents/kyoutuu/magazine/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧