日記・コラム・つぶやき

2021.04.04

「仲蔵」に酔いしれる

何気なく入った部屋が、熱気とけれん味に溢れ、聞きながら酔いしれてしまった。
一時の熱狂が冷めた音声SNSのClubhouse。
一時Clubhouseを席巻していた芸能人、タレントたちは楽屋話の漏洩を恐れてか去ってしまった。
わずかに残った芸能人、神田伯山の「講談の稽古」roomにふらりと入った。
途中からだったが、稽古は「中村仲蔵」らしい。
話は終盤、仲蔵の芝居の工夫のあたりだった。
中途半端なところから聞きはじめたのだが、神田伯山の気迫と息詰まるような間に、引き込まれてしまった。
声から絵が、情景がみえてくる。
歌舞伎や中村仲蔵を知らなくても、面白い。
芸の力だな。
新年度になってからは、まだ稽古はしていないけれど、もしClubhouseにはいったら
「講談の稽古」は、必聴のroomです。
中村仲蔵については、「仲蔵狂乱」松井今朝子著が面白い。
#Clubhouse #講談の稽古 #中村仲蔵 #熱狂は冷めた

| | コメント (0)

2021.04.01

春だからといって生活が弛緩していてはいけない。

1301883_m
春だからといって生活が弛緩していてはいけない。
弛緩より歯間ブラシ(糸ようじ)だ
というのも、歯の詰め物がとれて行きつけの歯科医にいったら、虫歯が何本も見つかってしまった。
さらに、治療をする前にクリーニングしないと治療できないと、まずは歯石クリーニングを受けた。
歯科衛生士さんに「かなりなもんですね」といわれてしまうほど汚れていたらしい。やれやれ。
週一回でもいいから、歯間ブラシとか糸ようじとかフロスをして下さいね、と念を押されてしまった。いやはや。
いくつになっても歯科の雰囲気は苦手だ。ドリルの音を聞くと気が遠くなりそうだ。
適切に歯をケアしていなかった自分がいけないのだけれどもね。
この糸ようじが週一でも減っていきますように! 

| | コメント (0)

2021.03.26

暖かくなったから、春のメロディー を聞く。

暖かくなったから、春のメロディー を聞く。
Img_16471
庭のヒメシャラが芽吹いてきた。
駅前の公園のソメイヨシノ、八重桜が満開である。

ヒメシャラがコガネムシの食害に合わないように、薬をまく
冬物をそろそろしまおうかと悩み出す。

今年もコロナ禍で、かつてのようにはいかない。

それでも、やはり桜は咲く、黄金虫はやってくる。
春のプレイリストの最初は「春のメロディー」である。

おじさんにも春のメロディーは刺さるのである。いやはや

Img_16601

| | コメント (0)

2021.03.25

オフラインディベートの安定、オンラインディベートの可能性


Img_16241
先週の出来事から
水曜日は、長野で某社の管理職対象のディベート研修。
木曜日は、東京郊外の某私学中学2年生のディベート授業だった。
どちらもオフライン、対面でのディベートだった。
対面でのディベートは、やはりやりやすい、フィードバックで伸びる、ということを改めて実感した。
管理職も中学生も2試合。
1回目は、かなり伸びしろのある試合だったが、2回目は伸びしろ分を使った試合になった。
受講者の能力の高さと幾分か私のフィードバックのおかげかと思う。
対面の場合は、グループワークも試合も伝わる情報量が格段に多いので、その分、スキルの向上が期待できるのだろう。
オンラインの研修、セミナーは場所を問わず受けることができる、という利点は大きい。
昨年からオンラインのセミナーをはじめた。セミナーには東南アジア、米国からの受講生がいたのだ。
対面のセミナーでは、これはなかなかできないことだ。
コロナ禍が治まり、以前の社会になったとしても、研修やセミナーが対面だけになる、ということはないだろう。
研修では、社員を集合させるための経費が大きく削減できる。これは本当に大きい。
セミナーでは、受講者の居所を問わず受講できる、というメリットは捨てがたい。
しかし、対面の研修、セミナーの直接的コミュニケーションは、効果が大きい。
社会がどのようになるのか、まだ分からない。
しかし、全く元の通りになることはない、ということだけは分かる。
研修やセミナーも。
#ディベート #ディベート研修 #ディベート授業 #オンラインセミナー #対面 #コロナ禍

| | コメント (0)

2021.02.24

【Clubhouse×読書】読書会を40年主催してきた西部さんと未来の読書会を考える

Clubhouse2_ogp1024x538

3月7日(日)20時~ Clubhouseにて
モデレーター:中田有香schooアナウンサー&ディレクター
スピーカー:西部直樹

読書会に参加してみたい、主催してみたいけれど敷居が高く感じたり一歩踏み出せない方へ!
読書会を1000回主催してした西部さんに読書会の現状や主催のノウハウを伺います!
Clubhouse×読書 で何か面白いことができないか一緒に考えましょう!
挙手や質問、聴き専も大歓迎

https://www.joinclubhouse.com/event/xpepdazv

| | コメント (0)

2021.02.17

2月17日(水)19時~第3回「議論力」が身につく技術:絶版になった自著を著者本人が音読(!)します。

2月17日(水)19時~第3回「議論力」が身につく技術:絶版になった自著を著者本人が音読(!)します。
音読15分、質疑5分”. 
絶版で入手困難な著作を、著者自ら音読します。
的確に議論、意見の交換をするためのノウハウ 「議論力」が身につく技術 西部直樹著 あさ出版 2003年刊
第2章 納得性の高い議論を展開するために
1.議論の構造を理解する1 議論は論理的である/気持ちを語るだけでは議論にならない/「言いたいこと」と「言いたい理由」をセットで述べる
2.議論の構造を理解する2 主張には根拠が必要である/議論に必要な3つの要素/根拠はさらに深められなければならない
3.主張を明確にする1 何を言いたいのかわからない議論/「言いたいこと」をはっきりさせる/意味不明の連絡文書
以下は他日に 予定 2月18日(木)21日(日)27日(土)28日(日) 各日 午後7時~
西部直樹 https://www.facebook.com/naoki.nishibe
N&Sラーニング https://www.facebook.com/NandS.Learning
@joinclubhouse

| | コメント (0)

2021.02.03

●クイズで楽しく論理的思考トレーニング●

久しぶりに、schooさんに出演です。
朝schooです。
朝の一時、クイズで頭をリフレッシュして下さい。

生放送は、無料で視聴できます。
会員(無料)になれば、コメントもできます。

2月10日(水) 9時~9時45分まで
●クイズで楽しく論理的思考トレーニング●
https://schoo.jp/class/7707

朝Schooは、始業前のビジネスパーソンが「今日活かせるTips」を学ぶ生放送授業です。

本シリーズを受講することで主に以下の3つのことが得られます。

・その日すぐに仕事やビジネスに活かせる知識やTips
・朝時間を有効活用することによるモチベーション向上
・同じタイミングで受講するSchooの仲間との高め合い

今週のテーマは「論理的思考力」。企業・官庁・自治体の社員や職員を対象に、ディベートやプレゼンテーション、論理的思考力についての教育を行う西部直樹さんが出演し、クイズ形式で論理的思考力を学びます。

クイズを通じて楽しく論理的思考力を学ぶ授業です。
ロジカルに考える思考の基本についてクイズに交えてレクチャーしながら、論理的思考トレーニングを実践していきます。
生放送授業では課題も用意していますので、ぜひチャレンジしてみてください。

https://schoo.jp/class/7707

| | コメント (0)

2020.12.30

名古屋に寄り道


134163368_4010403242360692_3039861937086

大阪からの帰り道、名古屋に寄り道。
某書店の名古屋店へ。
旧友が店長をしているのだ。
思えば、彼を池袋の某書店の読書会に誘ったのがいけなかったような気がする。
書店の客だったのが、店長である。
人生有為転変、何がどうなるか、わからないことばかりである。

134082725_4010403239027359_4111835377532

名古屋店の前は公園の芝が広がる。
いつか、天気のよい比に一日を過ごしたい。

134635590_4010403235694026_4222519951553

さて、大掃除を少ししましょうか。

| | コメント (0)

2020.12.19

座り続ける日々

木曜日は、石川県の某高校のディベート授業遠隔参観、ディベート試合の審判でした。
Zoom経由でしたが、今回は通信環境がよかったので、審判は楽でした。音声がはっきり聞こえたので、メモがとりやすかった。
口頭の講評だけでは足りないと思ったので、フローに簡単なコメントを書いて、担任の先生にお送りしました。

Photo_20201219114103
Photo_20201219114101


夜は「ロジカルシンキングの基礎」オンラインセミナー!
オンラインセミナーは低リスクで少人数でも開催できるのがメリットです。
金曜日の午後も「ロジカルシンキングの基礎」オンラインセミナーでした。

Photo_20201219114102


研修がキャンセルになって生活が大変ですが、オンラインセミナーで少しだけ助かっています。
ふ~~

週末は、オンラインライブでリフレッシュします。

オンラインの様子、フローシートはプライバシーに配慮しています。ご了解下さい。

| | コメント (0)

2020.12.02

しくじり学園お笑い研究部にて、コメントを学ぶ

Photo_20201202215901

腹がよじれる! 苦しい! なぜか拍手してしまう。それほどに、面白い!
それから、背筋を伸ばして、聞き入ってしまったのである。

ABEMATV しくじり学園お笑い研究部「#56 う大先生に評価されたいを考える1【キングオブう大】開幕!!︎ザ・マミィのコントをガチレビュー」
をデスクワークの合間にみてしまった。

ちょっと息抜きのつもりだった。
お笑い番組で、気分転換しようと思ったのである。

キングオブコントで決勝に進めなかったコント師(お笑い芸人で主にコントをする人たちの総称らしい)が集い、ある先輩芸人からコメントをもらうというプログラムだった。
コメントをする「かもめんたる」のう大は、キングオブコントの決勝コントについて「note」に書いて、評判になったというのだ。

最初の「ザ・マミィ」のコントは、腹の震えが止まらぬほど面白かった。
う大の評点も満点ではないがかなりの高得点だった。
コントをみていた他のベテラン芸人たちも「これで決勝にいけなかったの?」と感嘆するほどだった。

ここからう大先生の本格的コメントがはじまる。
「あの所作は~~、もし、こういう意図があるなら、~~とすればいいのでは」
満点にならなかった、足りないところはなにかを次々と指摘していく。
う大先生の的確なコメントに見ていたベテラン芸人たちも唸る。
「そうだね、それは気がつかなかった……」と。
コントを披露した若手も必死にメモをとっていた。

この「かもめんたる」う大のコメントが鋭い。
ベテランたちも「普通のコメントは、『~~~でいこうか』くらいしかいわないもの」というのに、全く違っていた。

う大先生のコメントは
どこを変えたらいいというのか
なぜ変えるのか
どのように変えるのか
を押さえている。

ただの指摘に終わっていない、雰囲気だけのコメントではないのだ。
特に「なぜ変えるのか」の説明が論理的で納得できる。
例えば、「お客さんをこの世界に巻き込むなら、この所作は~~で、違和感を与える。違和感があると醒めるんだ」
というように。
指摘の根拠を丁寧に説明されると、次の改善案が生きてくる。
「なぜ」の基準に沿っていくなら、こういうやり方があるのでは、となる。
ベテランたちもう大先生の改善案に首肯するしかない。
「確かに、そうだな、違うなあ」と。

お腹が痛くなるほど笑って、そのあと真顔になってしまった。う大先生のコメントの鋭さ、説得力、納得感に圧倒された。

自分のコメントは、
どこが
なぜ
どのように
を押さえていただろうか。
成長に繋がるコメントをしっかりとしていこう。
笑いすぎていたくなったお腹をさすりつつ思った次第である。

さて、ABEMAしくじり学園お笑い研究部「う大先生に評価されたいを考える」は、次もある。
う大先生のコメントが楽しみだ。

https://abema.tv/video/episode/88-91_s1_p62?utm_campaign=episode_share_tw&utm_medium=social&utm_source=twitter
#ABEMATV #しくじり学園お笑い研究部 #かもめんたる #う大先生 #コメント力 #フィードバック

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧