ディベート授業

2017.03.01

ディベートの季節がはじまる!

今年もディベート甲子園の季節がはじまりましたね。
今年の論題は、面白い!
今日は、某私学中学で、この論題で春大会の準備をします。


2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

ディベート授業 三昧の日々

おはようございます。
今日の岡山は晴れです。
午後には都内の私学でディベート授業計画の検討です。


16298727_1385217138212662_565850018


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.26

今日もディベートの授業です。

おはようございます。
これから岡山です。
高校でディベートの授業をしてきます。
1学年一斉です。
今年度2回目の授業、楽しみです。

Img_20170126_062346_269


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

嬉しいお知らせ

おはようございます。
昨日は、嬉しいお知らせが来ました。
「はじめてのディベート」、
はじめの単著、初版が1998年です。

Photo_2


18年も細々ながら売れ続けています。
嬉しいです。
過日、知り合いの大学教授から、授業のテキストに使います、との連絡もありました。
増刷が毎年、いや年二回、できれば隔月くらいであるとさらに幸せなのですが……。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.03

雨の週末、ディベートの勉強も一興です。

雨の週末、ディベートの勉強も

一興ですね。

残席1です。 本日3日いっぱい受付中です。

----------------------------------------------------------

  ※ 説明力・対話力を鍛える! ※

     論理的思考力、論理的コミュニケーションスキルを鍛える

---------------------------------------------------------

77a2287a3b2a2de2bbc5949c0f53a52d_m
■日時■

2015年07月05日() 12:30~16:30 東京会場

▼開催場所

東京会場:東京・足立区 北千住 東京芸術センター 9階会議室

      ●北千住駅 西口より徒歩10分

Photo_3

■仕事に必要な知的基礎体力は、

 論理的に考え、考えたことを
 他の人とやり取りするコミュニケーション能力です。

■ディベートは、
 一つのテーマについて考え、意見を述べ、
 相手の意見について検討し、やり取りしていきます。
 この訓練を通して、
 論理的に考える能力、
 コミュニケーション能力が鍛えられていきます。

フィードバックでさらにスキルUP!
 ディベートの訓練では、フィードバックでスキルアップしてゆきます。
 自分が述べたこと、相手の主張、やり取りはどうだったのか。

 自分は論理的で分かりやすく述べていたのか?
 相手の主張を的確に理解していたのか?
 やり取りは論点を外さず、的確だったのか?

 これらのことが気になります。
 ディベート入門講座では、演習の模様を
 講師が詳細にフィードバックをします。
 ここの発言を再現し、論理的だったのか、的確な対応だったのか、
 さらに、どのようにすれば、更なる向上ができるのか
 を説明します。

■こんな方にお薦めです■

・ディベートがはじめての方
・つい相手のペースに乗ってしまって、言いたいことが言えない、と思っている方
・ロジカルシンキングやプレゼンテーション能力を鍛えたいと思っている方

■内容■

ディベートで、ロジカルなコミュニケーションスキル全般を体験します。
経験豊かな講師が、論理的思考・プレゼンテーションスキル・傾聴の方法など、議論の技術についてわかりやすく説明します。

また簡単なディベートの体験をします。実際にディベートをすることで、論理的思考能力、論理的コミュニケーションスキルについて体験的に習得することができます。

ディベートは「議論」の力を鍛えるための訓練方法です。

「議論」は、相互の理解や合意、了解、了承を得るため論理的なコミュニケーションです。

議論をするためには、適切な思考(論理的思考力)、論理的なコミュニケーションスキル(プレゼンテーションスキル・リスニングスキル)が必要です。

論理的思考ができれば、物事を適切に理解し、判断できるようになります。

ロジカルコミュニケーションスキルが身につけば、的確に伝え、納得してもらうことができるようになります。

相手の話を理解し、もし納得できないときには冷静に批判や反論をすることができるようになるでしょう。

★カリキュラム★

■ディベートの概略説明

1:論理的思考を説明し、簡単な演習をします。

2:ディベートのやり方を説明します。
  プレゼンテーションスキル(立論・反駁)や議論に対する質問(反対尋問)、
  議論の検証(反駁)の方法について理解をしていただきます。

■ディベート演習

 実際にディベートをします。

 ディベートの準備の方法(リンクマップ技法など)を解説します。

 参加者同士グループを組んで、一つのテーマについて議論を準備します。
 (テーマや資料はこちらで用意します)

 試合形式の演習をします。

 演習を通して、学んだ論理的思考や、
 コミュニケーションスキルを実際に試してみます。

■主催者からひと言■

 ディベートはビジネスパーソンに必要な「知的基礎体力」を鍛えます。
 知的基礎体力は、論理的思考力、論理的なコミュニケーションスキルです。
 ディベートは、論理的に考え、ロジカルにやり取りをします。そこで知的基礎体力が鍛えられてゆきます。
 是非、一度受講下さい。

■費用■ 8,000円(お振り込み下さい)

■定員■ 10名(定員になり次第締め切ります)

■講師■

 西部直樹(全国教室ディベート連盟理事・日本ディベート協会会員)

Ok0127_683x1024_534x800

1958年北海道生まれ。
広告制作会社、作家個人事務所を経て、研修教育関連会社に入社。
ディベート講師として、年間50回以上の研修を担当する。
94年に独立。
ディベート・プレゼンテーションなどのロジカルコミュニケーションスキル関連の研修と、
産業カウンセラーとして、メンタルヘルス関連の研修講師を務める。
論理と感情の両面に通じた研修事業を展開。
企業・公務員の研修講師を数多くつとめる
また、学校教育にも積極的に関わっている。

(有)N&Sラーニング代表取締役
全国教室ディベート連盟理事
産業カウン セラー
論理療法士

2001年 金城学院大学非常勤講師
2001年 芝浦工業大学非常勤講師
2005年 お茶の水女子大学非常勤講師
2006年 東京大学非常勤講師

現在 山形大学非常勤講師
    東京都立つばさ総合高等学校非常勤講師
著書
 「はじめてのディベート」
 「ディベート入門講座」
 「議論力が身につく技術」
 「 実践ディベート研修」
 「1分間相手をやり込める技術」 ・・・他

■申込■ 下記のページからお願いします。

●クレジットカード・コンビニ払いでお願いします

◆【東京】07月05日(日)申込

N&Sラーニング
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.04

12月15日(日) ディベート勉強会 ディベート・オープン・スペース定例会

Dsc09518

もう師走ですね。

12月の例会は、モデルディベートです。
有志がディベートをします。

試合の様子を録音し、再生しながら、詳細に検討します。

12月例会-------------------------------------

●日時:12月15日(日)午後1時~5時
●会場:足立区北千住 東京芸術センター 9階 会議室5
    北千住駅より徒歩10分

Photo


■内容

 ●自己紹介(スピーチ練習付き)

 ●論題「日本はペットの売買を禁止すべきである。是が非か」
  ※定義: ペット=ほ乳類/は虫類/鳥類、 
   売買=レンタルを含む有償による取引
 
 ・モデルディベート
 ・モデルディベートの詳細な検討
 
※はじめての方、お久しぶりの方、どしどしご参加下さい。


Photo_2


  
費用:一般 1,000円 大学生・高校生・中学生 0円
参加:西部まで参加の旨 メールを下さい。
   例会前日までにお願いします。
   dos@nands.net   

例会日程:

 01月26日(日)――東京芸術センター(足立区北千住)
 02月16日(日)――東京芸術センター(足立区北千住)
 03月23日(日)――東京芸術センター(足立区北千住)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.24

メールマガジン 発行 『コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.80』

メールマガジン、最新号を発行します。

本日4月24日(水) 午後5時30分頃です。

購読申込は
http://www.nands.net/contents/kyoutuu/magazine/

からお願いします。

------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  もっと快適!コミュニケーション
  適切に伝える、的確に理解する力

    コミュニケーション力 スキルアップマガジン      No.80

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

様々なコミュニケーションスキルを取り上げ、
コミュニケーション「力」UPを目指します。

━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ スキルアップのための速読あれこれ(24)
        「ことわざ」から、速読・学びを考える 今村洋一■■
■■ 豪雨とサンゴの関係 -日常に科学の想像力を-   間野 晶子■■
■■ ビジネスパーソンの議論力を鍛える――ディベート入門 第14回
   ――立論を立てる まとめ その2     西部直樹 ――■■

■■ 公開講座 ご案内 ■■

○ 雑談力UP コミュニケーションの基本              東京
○ ロジカルプレゼンテーションの基本講座      東京・大阪
○ コミュニケーションスキル向上! ディベート入門 東京・大阪

■■ 勉強会 ご案内 ■■

●● ディベート・オープン・スペース(ディベート勉強会)例会 ●●
■■ コミュニケーション力 アップ カフェ会         ■■

------------------------------------------------------------
■■ スキルアップのための速読あれこれ(24)
         「ことわざ」から、速読・学びを考える ■■
------------------------------------------------------------

 どうやったら、仕事や学習の効率を高めることができるか。こうしたことは、
常に考えていることかもしれません。そのために、本を読み、試行錯誤を行った
りしているのでしょう。その中で「新しい」と言われることを行っているかもし
れません。しかし、最終的には、昔からのものに落ち着くような気がします。ど
うでしょうか?

「ことわざ」には、いろいろな本質があったりします。講座を行う側から感じた、
速読・学びということに関係した「ことわざ」について考えてみます。

------------------------------------------------------------
以下は、本紙にて
からお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.19

ディベートの立論の作り方(簡易版) その2 これからディベートをはじめる人のために

これからディベートをしてみよう、勉強してみよう、という人のために
ごく簡単に、ディベートの立論の作り方です。
これまで、メールマガジンに載せたものの概略版です。
------------------------------------------------------------
リンクマップの実例です。
論題「日本は飲食店にドギーバッグの常備を義務づけるべきである」で、
リンクマップを作ってみました。

Enimage1363500677964

(2013年3月17日(日)ディベート・オープン・スペース ディベート勉強会にて)
リンクマップ作りは、ディベートの初心者の社会人です。
考えられるメリット、デメリットをあげて、それぞれが生じる過程を考え、図解していきます。
まだ、資料がないので、不充分なものですが、まずとっかかりとしてはこれでいいのです。
このリンクマップを元に、簡単な立論を作ってみました。

Enimage1363504279401

同じく、ディベートの勉強会で、初心者と私が作ったものです。
作成の時間は約30分です。
リンクマップの整理、という意味合いが大きいです。
ある程度の立論が出来たら、これをたたき台にロジックを詰め、資料の調査に入ります。

------------------------------------------------------------
公開の講座もあります。

※ディベート入門講座
※ロジカルプレゼンテーションの基本講座
------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.13

ディベートの立論の作り方(簡易版) その1 これからディベートをはじめる人のために

これからディベートをしてみよう、勉強してみよう、という人のために

ごく簡単に、ディベートの立論の作り方です。

これまで、メールマガジンに載せたものの概略版です。

------------------------------------------------------------

 今年のディベート甲子園(全国中学高校ディベート選手権大会)、中学論題を題材にお復習いをしておきましょう。

●論題を分析する

 議論をするためには、何を論じるのか、議論のテーマを分析しておきます。
 ディベートでは論題をまず、分析します。
 論題は、何を論ぜよと問うているのかを考えるのです。

今年2013年 ディベート甲子園、中学生の論題は
「日本は飲食店にドギーバッグの常備を義務づけるべきである。是か非か」です。

 日本とは、何を指すのか
 飲食店とは、どのようなものなのか。
 ドギーバックとは?
 義務づけるとは、どういうことなのか。

 中学の論題は付文もあるので、これも参考に考えます。
 ・ドギーバッグとは自分の食べ残した料理を持ち帰るための容器をいう。
 ・客が店または自分のドギーバッグの利用を希望した場合、店は応じなければならない。
 ・客は自己の責任において持ち帰るものとし、持ち帰りによって生じた問題について店は責任を問われない。

 日本全国で、飲食店、食堂、レストランなど何らかの食事を提供する店は、ドギーバッグ、持ち帰り用の袋を用意しておかないといけない、義務となる、このような政策が実施されたら、どのようなことが起こるのか?

 と読み下すことができます。

●基本の用語を調べる

 論題が何を求めているのかが分かったら、議論の前提となる知識・情報を収集します。
 
 ネットの検索では「~とは」検索が有効です。

 飲食店とは

「飲食店(いんしょくてん)は、食品衛生法第3条でいう「食品等事業者」の一種。同法は「食品等事業者」を「食品もしくは添加物を採取し、製造し、輸入し、加工し、調理し、貯蔵し、運搬し、もしくは販売することもしくは器具もしくは容器包装を製造し、輸入し、もしくは販売することを営む人もしくは法人または学校、病院その他の施設において継続的に不特定もしくは多数の者に食品を供与する人もしくは法人をいう。」と定義している。
日本標準産業分類では「大分類M-飲食店、宿泊業」の中で「飲食店とは、主として注文により直ちにその場所で料理、その他の食料品または飲料を飲食させる事業所をいう。また、百貨店、遊園地などの一区画を占めて飲食店が営まれている場合、それが独立の事業所であれば本分類に含まれる。」としている。
飲食店を営業するためには、食品衛生法第52条の規定により、都道府県知事の許可(窓口は保健所)を受けなければならない。」
ウィキペディアより。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E5%BA%97

 この段階では、資料の信憑性はあまり気にせず、集めていきます。

 他にも、
 義務化とは、どのような事をさすのかも考えます。

●リンクマップを作る

 およそ、論谷関する基本の知識を得たら、この論題から生じるであろう、メリットやデメリットを考えてみます。
 メリットやデメリットを考えるときには、リンクマップを描いていきます。
 図解することで、全体を把握しやすく、論理展開を理解しやすくなります。

 この作業は、「コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.72~73」
 http://nands.way-nifty.com/nands/cat5437920/index.html を参照してください。

 ばかばかしいとおもうようなメリットやデメリットでも、なんでも出します。

 この時点では、質より量です。

 リンクマップ 以降は、次回に

------------------------------------------------------------

・仮の立論を作る
・調査する
・立論に対して、質問、反論を考える
・立論を完成させる

------------------------------------------------------------
公開の講座もあります。

※ディベート入門講座
※ロジカルプレゼンテーションの基本講座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.24

秋のディベート関連イベントなど

こんにちは

やっと秋らしい気候になりつつあります。

秋はディベートのシーズンということではないのですが、いろいろなイベントがあります。

お時間があるときは、観覧、参加ください。

■ 9月30日(日) 大学生国際問題討論会2012
  13時00分~
  文京シビックホール(小ホール)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/toron_2011_24.html
  
  論 題:日本政府は,わが国経済が厳しい情勢に直面する中でも,アフリカ
向けODAを一層強化すべきである
  
  観覧は予約を
  上記ページから、メールで申込 26日水曜日までに

■10月7日(日) ディベート入門講座 【大阪】
 10:00~17:30 大阪NPOプラザ
 http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/nattoku/index.shtml
  

■10月11日(木) 本場英国のディベートに学ぶ~世界トップクラスの現役ディベーターを招へい
 9:00~21:00(開場:18:30)
 日本経済新聞社東京本社(東京・千代田)6階セミナールーム
 対象:日経人材研修フォーラム会員の方
 
 http://www.nikkei-nbs.com/nbs/njkf/

 申込は上記ページより、ただし、会員登録が必要

■10月20日(土) ディベート入門講座
 10:00~17:30 東京芸術センター
 http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/nattoku/index.shtml
 
■11月3日(土)第15回 JDA秋季ディベート大会
 国立オリンピック記念青少年総合センター
 http://japan-debate-association.org/

■11月4日(日) ディベート入門講座
 10:00~17:30 東京芸術センター
 http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/nattoku/index.shtml
 
■11月18日(日)第16回関東甲信越地区中学・高校秋季ディベート大会
 09:45~第一試合
 会場: 創価高等学校(東京都小平市)

■12月9日(日) ディベート入門講座
 10:00~17:30 東京芸術センター
 http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/nattoku/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧