無料ブログはココログ

« 今年もはじまりました。ディベート甲子園 | トップページ | ディベート・オープン・スペース 例会(ディベート勉強会) »

2008年2月29日 (金)

プレゼンテーションでは見た目が重要ですか?

Q:人は見た目が9割といわれますが、プレゼンテーションでは見た目、態度が重要なのでしょうか?

A:プレゼンテーションでは態度や声の出し方など、ノンバーバル(非言語)は大切です。

 が、9割ということはありません。

 態度や声がいいに越したことはありませんが、それが9割もの大きな割合を占めることはありません。

 見た目が9割というのは、メラビアンの法則という「都市伝説」が元になっています。

 メラビアンの法則 態度  55%
            話し方 38%
            内容   7%

 心理学者のメラビアン氏が発表した実験結果が一人歩きして、このような誤解を生んでしまったのです。

 メラビアン氏の実験は、被験者に顔の表情と声の調子、内容が一致しないものを見せて、どれがインパクトがあるか、という実験でした。例えば、嫌悪の表情をした顔写真を見せ、嫌悪的な声色で、「Thanks」という、というようなものです。
 それで、被験者が好意を受け取ったなら、顔の表情、声色より、言葉にインパクトがあった。ということになります。

 ですから、この実験では至って簡単なもので、コミュニケーション全般を表してはいません。

 この実験結果がいつの間にか一人歩きをして、コミュニケーション全般に関する割合である、と誤解されてしまったのです。

 曰く、コミュニケーションでは態度(身振り手振りなどのジェスチャーが大事)だ、言葉など相手に届くのは7%にすぎないのだ。というように。

 これはどう考えても行き過ぎです。
 コミュニケーション、何か伝えるとき、身振り手振りだけでほとんど済ませられるでしょうか?
 ビジネスシーンのプレゼンテーションで、内容が内をいっているかわからない、あるいはスカスカのもので、態度だけ立派でも、説得力はありません。

 態度や話し方(声の出し方など)がいいに越したことはありません。がそれがほとんど、ということはないのです。

 

参考

非言語コミュニケーション / A.マレービアン 聖文社, 1986.5

天使と悪魔のビジネス用語辞典 Web版 http://www2u.biglobe.ne.jp/~hiraki/d74.htm

« 今年もはじまりました。ディベート甲子園 | トップページ | ディベート・オープン・スペース 例会(ディベート勉強会) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/40301628

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンテーションでは見た目が重要ですか?:

« 今年もはじまりました。ディベート甲子園 | トップページ | ディベート・オープン・スペース 例会(ディベート勉強会) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31