無料ブログはココログ

« コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.101 | トップページ | コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.103 »

2017年10月12日 (木)

コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.102

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 

  もっと快適!コミュニケーション

  適切に伝える、的確に理解する力

 

  コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.102

 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

様々なコミュニケーションスキルを取り上げ、

コミュニケーション「力」UPを目指します。

 

━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■■ ゴンズイ                  わたなべみさと■■

 

■■ 好奇心が雑談力をあげる(雑談力雑感)      西部 直樹■■

 

■■ 公開講座 ご案内 ■■

 

○ New! アドバンスロジカルプレゼンテーション講座 東京

○ ロジカルプレゼンテーションベーシック講座   東京・大阪

○ ディベートベーシック講座           東京・大阪

○ 雑談力をつける講座            東京・大阪

 

■■ 勉強会 ご案内 ■■

 

●● ディベート・オープン・スペース(ディベート勉強会)例会 ●●      

 

 

------------------------------------------------------------

■■ ゴンズイ             みさとのお薦め ■■

------------------------------------------------------------

 

穏やかな波の音が聞こえ、海面は日の光を受けてきらきら輝いている。たまらな

くなって、足の指をぎゅっぎゅっと踏みしめながら走り、思い切ってジャンプす

る。海の中へ飛び込むと聞こえてくる音は、さっきまで聞いていたさざなみとは

違った自分の内側に反響するような不思議な感覚を生む。波が引くと海上の音が

、波をかぶると海中の音が聞こえるのがおもしろい。波の上で海鳥の鳴き声に混

ざって無邪気な声が聞こえた。

 

桟橋の上で親子が遊んでいる。じっと海を見つめる子供の目線の先の海に小さく

黒いもやのような固まりが漂っているように見えた。近くに寄って潜ってみると

それは一匹一匹がオタマジャクシを大きくしたような魚で、黒い体に細い黄色の

線が印象的であった。それが群れになってうようよと漂っているのだ。小さな子

供が好奇心からそれに手を伸ばすと父親が危ないから、と制した。くろいもやも

やの正体がゴンズイだったからだ。ゴンズイは背びれや胸びれ等に毒を持つ魚で

ぐっとひとかたまりになって群泳する様はゴンズイ玉と呼ばれる。

 

私は海の中の小さな暗雲のように浮かぶゴンズイ玉を見つめた。ふよふよと揺ら

めくその姿に、ちょっとさわってみたい、あの真っ暗闇の中に指をつっこんでみ

たい。そういった衝動に駆られる子供の気持ちがなんとなく分かる気がした。

 

人は危ないとわかっていても、いやわかっているからこそ、その中をのぞいてみ

たい、無意識のうちに吸い込まれそうな真っ暗闇になぜか惹かれてしまう生き物

なのだと思う。そう、丁度とある海洋研究所に届いた封がきっちりされた瓶詰め

を研究者がそうっと開けていくように。全部で3通の瓶詰めの手紙をまず1通、

そしてもう1通と読んでいくように……。手紙にはあるきょうだいが島に流れ着

いてからの様子が書かれていて、一番新しいものから時間をさかのぼっていく形

で順に瓶をあけていく。第1の瓶の中の冒頭では『ああ………この離れ島に、救

いの船がとうとう来た』と書かれているというのに何故2人は死ななければなら

ないのか。その謎を紐解くようにどきどきしながら読み進め、ついに開いた最後

の一通の内容にドキリとしてしまう。そうして一抹の疑念と不安に駆られ、冒頭

の一文までさかのぼろうとして、ページをめくる手が止まる。いいのか、ほんと

うにいいのか、そういった自問自答を繰り返し、意を決して冒頭を読み返すとあ

ぁ、とため息が漏れ、背中が冷たくなっていくような感覚に陥るのだ。

 

真っ暗で、いやな予感がするのに、だからこそその奥底を覗かずにはいられない。

真っ暗に立ちこめた暗雲を閉じこめた小瓶がそばにあると、開かずにはいられな

いのだ。

 

あなたは青くきらめく海の中にぽっかり浮かぶ真っ黒なゴンズイ玉に触れたいと

思わずにいられますか?

 

とはいえゴンズイは毒を持つ刺されると非常に危険な生物なので、絶対にさわら

ないでくださいね。

 

※引用した本 「瓶詰地獄」夢野 久作

 

本好きの事務員 わたなべみさと

 

----------------------------------------------------------------------

■■ 好奇心が雑談力をあげる(雑談力雑感)            ■■

----------------------------------------------------------------------

 

雑談は、雑な談話です。

気楽なお話です。

肩肘を張らずに、雑談を。

必ず盛りげるとか、長く続けるとか、

完璧な雑談をしなければ、を考え過ぎずに話をするのがいいのです。

 

雑談力を付けるセミナーに参加される方の悩みは、

なにを話せばいいかわからない、というのが大半です。

 

何でもいいのですよ、というと、ますます混乱します。

何でもいいのはわかるが、なにを話せばいいのか。

 

なにを話すかは、その場の雰囲気で決めればいいのです。

 

ただ、話すネタやあるいは相手の話にのるためにには、好奇心が必要です。

 

いろいろなことに興味を持つこと。

好奇心の赴くまま、いろいろなことに興味を示せば、話のネタはできるし、相手

の話が分かってきます。

 

いろいろなことって、何をどういろいろすればいいのか。

 

それは、新聞を読むことです。

できれば、電子新聞――ヘッドラインが並ぶようなニュースではなく、

髪の新聞です。

 

新聞は、ネタの宝庫です。

 

海外から、国内、政治経済から最近の流行まで、地域の細かい話題まで。

広範囲な情報の宝庫なのです。

 

最近は、新聞を取らない、読まないという人も多いです。が、折角の情報のタカ

ラ箱を遠ざけることはもったいないです。

 

いや、電子新聞でも可能ではないか。

と反論が来そうです。

そうです、ネットのニュースでもいいのです。

 

ただ、アクセス数の多いニュースを順に並べるだけの、ヘッドライン系のニュー

スサイトは、便利ですが、雑談のネタの収集としては、今一歩です。

 

それは、一覧性と、ニュースの強弱、大小がわかりづらい、というのがあります。

 

さっと見て、何か引っかかるものがあるか、チェックするには、まだ紙の新聞の

方が優れています。

 

ニュースの強弱、大小は、紙面構成でわかります。大きなニュースは、誰もが知

っている可能性が高いですし、小さなコラム的なものは、あまり読まれていない

かもしれません。

そのような強弱がわかれば、ネタとして使いやすくなります。

 

雑談を楽しむためにも、新聞を是非。

 

――雑談力を付けるセミナー――8月20日、27日、9月3日です。

 

 

N&Sラーニング代表 西部直樹

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※  N&Sラーニング 公開講座 

http://nands.way-nifty.com/nands/koukai.html     ※

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

NEW

○アドバンスロジカルプレゼンテーション講座

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01k7hgyc3k3q.html

 

20161119()20() 09301630 東京

 

ロジカルプレゼンテーションベーシック講座の上級コースです。

プレゼンの演習を中心に、より着実なスキルの定着を目指します。
早期割引・受講者特典あり

 

○ ロジカルプレゼンテーションベーシック講座       東京・大阪

http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/kihonnoki/index.shtml

 

20160820日(土) 12301630 東京

20160827日(土) 12301630 大阪

20160903日(土) 12301630 東京

 

○ ディベートベーシック講座              東京・大阪

http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/nattoku/index.shtml

 

20160821日(日) 12301630 東京

20160828日(日) 12301630 大阪

20160904日(日) 12301630 東京

 

■ 雑談力をつける コミュニケーションの基本    東京・大阪

http://www.nands.net/contents/bunnrui/personal/zatudan/index.shtml

 

2016820() 09301130 【東京会場】

2016827() 10001100 【大阪会場】 エッセンシャル版

2016903() 09301130 【東京会場】   

 

●● ディベート・オープン・スペース(ディベート勉強会)例会 ●●

■■ ぷちゼミ・コミュニケーション力UP―朝の読書会―    ■■

 

------------------------------------------------------------------------

□ ディベート・オープン・スペース(ディベート勉強会)例会案内 □

------------------------------------------------------------------------

○日時:814日(日)1時~4

○場所:足立区北千住 東京芸術センター 9階 会議室

■内容

 ●自己紹介(スピーチ練習付き)

 ●論題を決めるところからはじめます。

・論題の検討

・リンクマップの作成

・マイクロディベートなど

○費用:一般 1,000円 大学生・高校生・中学生 0

○申込:ディベート・オープン・スペース 問い合わせ・申込

 

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01be2vy68ad8.html

 

○予定:

0911() 北千住 東京芸術センター

1023() 北千住 東京芸術センター

1027() 北千住 東京芸術センター

 

------------------------------------------------------------------------

□ ぷちゼミ・コミュニケーション力UP―朝の読書会― □

------------------------------------------------------------------------

○日時:813日(土)10時~1130

○場所:池袋 カフェ・インスクエア

     東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル6

     1階にZARAの入っているビルです。池袋駅東口1

 

■カフェ会の流れ■

・自己紹介

・ワンポイントセミナー 「本を紹介しよう――1分間プレゼンテーション」

 聞いている人に、この物語を読んでみたいと思わせるプレゼンを目指します。

 本を一冊お持ち下さい。

 これは 是非読んで欲しい という本をお持ち下さい。

 文芸書(小説・エッセイなど)に限ります。

※ビジネス書・自己啓発書・ノウハウ本・スピリチュアル系の書籍はNGです。

・フリーディスカッション

●費用:500円+各自の飲食代

○申込:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ehjny6g0hn.html

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

――■ 編集後記 ■――

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

夏になってしまいました。
暑い日々ですね。

ロジカルプレゼンテーション講座の中級編ができました。

2日間の中身の濃いセミナーです。

ロジカルプレゼンテーションベーシック講座を受けた方は、是非、

受けて下さい。

より、着実にスキル向上が図れます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

─◆本誌のバックナンバーは

 http://nands.way-nifty.com/nands/cat5437920/index.html

 

─◆ご意見・ご感想・ご要望は 下記のメールアドレスまで

 mailmagazine@nands.net ────────

 

─◆購読申込み・購読中止・配信先変更 ────────────────

    http://www.nands.net/contents/kyoutuu/magazine/index.shtml

  配信先変更については、一度購読を解除されて再度お申込みください。

 

─◆企業の教育ご担当者様からの教育・研修に関するご相談は、

下記のアドレスまでお願いいたします。

  nands@nands.net

 

───────────────────────────────────

*発 行/編 集 有限会社N&Sラーニング:http://www.nands.net/

*発行人/編集人:西部直樹 nands@nands.net

コミュニケーション力スキルアップマガジンに掲載された記事を

許可なく転載することを禁じます。

Copyright (c)2005N&S Learning Co.Ltd. All Rights Reserved.

───────────────────────────────────

« コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.101 | トップページ | コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.103 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27874/65909703

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.102:

« コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.101 | トップページ | コミュニケーション力 スキルアップマガジン No.103 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31